東京パワースポット物語 Vol.8

成功者たちが幸せを掴んだワケは?明日で最終話!「東京パワースポット物語」全話総集編

富と名誉を手にし、ほしいままに動かす「成功者」たち。
きっと皆、その座を掴むために血のにじむような努力をしているのだろう。

でも、頑張るだけじゃ成功できない。

―運も実力のうち。

成功者たちの多くは、努力と同じぐらい「運」を重視して、自分だけの特別なパワースポットやラッキーアイテムを持っているという。

成功者から学ぶ、幸運の女神に出逢うためのとっておきの秘密とは?

「東京パワースポット物語」一挙に全話おさらい!

第1話:不幸な32歳女にセレブ婚をもたらした“縁結び神社”と、5つの掟とは?

どん底だった私の人生を上昇させてくれたのは、間違いなく主人です。優しくて知的で、経済力もある主人と出逢い、見初められた私のことを、みんな強運だねって言うんですよ。

それは正しいと思います。だって主人と結婚したことで、私は愛する家族と、自由で贅沢な暮らしを手に入れることができたのですから。

運命の出逢い?…そうですね。正確に言うと“縁結びの糸がくれた出逢い”かな…。私と主人の出逢いは、"ある神社"の存在なくして語れないのです。

第1話の続きはこちら

第2話:商社の年収と肩書きを捨てた女が直面した、惨めな生活。彼女を成功者へと導いたのは、ある物だった!

いまでも、余白がないほどぎっしり予定が書きこまれたスケジュール帳を眺めていると、これは夢なんじゃないかって思うときがあるんですよ。

自分のことを「料理家」と胸を張って名乗れるようになったのは、ごく最近のことですね。

まったく仕事がなかったドン底から私を救い上げてくれたのは、ある神社からいただいたお水のおかげなんです。

第2話の続きはこちら

第3話:37歳バツイチで手に入れた、社長夫人の座。幸せを諦めていた女を、奇跡の出会いへ導いてくれたのは…

実は私、バツ1なんです。最初の夫とは、24歳で結婚して27歳の時に離婚しました。いまの主人に出逢うまでは、自分の殻に籠った、随分暗い女だったんですよ(笑)

主人のことをお話しすると、その経済力を羨ましがられることばかりなんですけど…。私にとっては、ありのままの自分を引き出し、愛してくれる、彼の神様みたいな優しさに巡り合えたことが、人生で一番の幸運だと感じています。

彼に出逢ったきっかけですか?

… きっと、この右薬指にはめている指輪のお導きですね。

第3話の続きはこちら

第4話:リーマンショックでクビになった男の雪辱。元外資金融エリートの、“出世”への執念とは

この目の前にいる、どこにでもいそうなありふれた風貌の男性が、まさか、いまをときめくフィンテック関連のベンチャー企業の創業者とは…

きっと、混雑しているこの店内の誰ひとり、気付くことはないだろう。

未来を創る若き経営者として、飛ぶ鳥を落とす勢いで、その名を世に馳せる慶介。だが、現在の仕事にたどり着くまでには、紆余曲折あったのだという。

第4話の続きはこちら

第5話:「自分の顔が、醜くて仕方ない。」美人過ぎる姉と比べられ続けた女。彼女が人生を逆転させた方法とは

私、自分の顔が大嫌いだったんです。理由はわかっています。姉といつも見た目を比較され、自信を失ってしまったからです。

私には仁美という2歳年上の姉がいるのですが、その姉が誰からも“絶世の美女”と称賛されるほどの美人で…

自分を姉と同じように美しく産んでくれなかった母を恨みました。そして、姉の隣にいる私には目もくれず、必死に姉の気をひこうとする人々を軽蔑しては、ふてくされていましたね。

自分のすべてに自信が持てなくて、自分のことが大嫌いでしたが…

第5話の続きはこちら

第6話:10年の月日を費やして玉の輿婚を手に入れたはずの女が、幸せになれない理由

私は、中堅の印刷会社に勤める父と、専業主婦の母のもとに生まれました。どこにでもある、いわゆる中流の家庭の出なんですが…

理由があって、身分不相応にも都内にある超お嬢様学校に通うことになったんです。そこで出逢ったセレブ家庭の娘たちは、みんな私とは別世界に住んでいるように眩しく見えて…

彼女たちと同じステージに上がりたくて、私は10代の頃から玉の輿を夢見るようになりました。そして実際、その夢を叶えました。

私がいまの幸せを手に入れられた理由?ある、とびきりの“運”を手に入れたからでしょうか…

第6話の続きはこちら

第7話:「昔はあんなにモテたのに…!」年齢の壁にぶつかった36歳・婚活女が、苦しい戦いから抜け出せたワケ

この世界で私のことを大切に思ってくれる人は、両親しかいないんだって考えたら、急に寂しくてたまらなくなって。そのときはじめて、自分の孤独と将来の不安を埋めてくれる相手が欲しいと思ったんです。

―私は結婚できないんじゃない、しようと思わなかっただけ。

そうして一念発起して婚活をはじめたものの、それは想像以上に厳しい世界でした。もし"あの場所"に行っていなかったら…今の幸せには巡り合えていなかったかもしれませんね。

第7話の続きはこちら

【東京パワースポット物語】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo