連載を探す

  • UP
私にふさわしいオトコ
『20代のうちに結婚したほうがいい』 一昔前の価値観と言われようとも、そう考える女性も少なくはない。 そんな焦りにとりつかれ、30歳目前でスピード婚をした広告デザイナー・穂波。 しかし穂波は、すぐに後悔することになる。 「なんで私、焦ってプロポーズをうけてしまったんだろう」 私にふさわしい男は、この人じゃなかった――。
2022.12.02
  • UP
金曜美女劇場
彼女たちの赤裸々な告白に男性諸君はとくと耳を傾けるべき、なのであります。
2022.12.02
  • UP
タクシー・ドライバー 〜柊舞香〜
東京…特に港区は、ウソにあふれた街。 そんな港区を走る、すこし変わったタクシーがある。 ハンドルを握るのは、まさかの元・港区女子。美しい顔とスタイル。艶のある髪。なめらかな肌…。 乗客は皆、その美貌に驚き、運転席の彼女に声をかける。 けれど、彼女と話すには、ひとつルールがあった。 「せめて乗車中はウソ禁止です」 乗客たちは、隠れた本音に気づかされていく――。
2022.12.02
The WATCH
スマートウォッチが全盛の今、あえてアナログな高級時計を身につける男たちがいる。 世に言う、富裕層と呼ばれる高ステータスな男たちだ。 ときに権力を誇示するため、ときに資産性を見込んで、ときに芸術作品として、彼らは時計を愛でる。 ハイスペックな男にとって時計は、価値観や生き様を表す重要なアイテムなのだ。 この物語は、高級時計を持つ様々な男たちの人生譚である。
2022.12.01
ポン女
あえて飲まない"ソバーキュリアス"が流行っている今。 でもやっぱりシャンパンが好き! 港区界隈に夜の帷が下りる頃、あちこちで「ポン!」と軽快な音を立ててシャンパンが開く。 そこに突如として現れる美麗な1人の女がいる。 彼女の名は、天堂麗香。人呼んで「ポン女」。 港区とシャンパンをこよなく愛し、この地の治安と経済の発展のために生きる伝説の女。 今夜、港区のどこかでシャンパンを開栓してみたら、わかるはず! きっと、彼女は現れる…。
2022.12.01
8rules~エリカのマイルール~
“インスタ映え”が流行語大賞に選ばれたのは、もう5年も前のこと。 それでもなお、映えることに全身全霊をかける女が、東京には数多く存在する。 自称モデル・エリカ(27)もそのひとり。 そんな彼女が、“映え”のために新たに欲したのは「ヨガインストラクター」という肩書だった―。 エリカは、ヨガの世界で“8つの特別なルール”と出合う。しかし、これまでの生活とは相いれないルールばかりで…。 これは、瞑想と迷走を繰り返す、ひとりの女性の物語である。
2022.11.30
Find Your Gin ~いい大人はトレンドの一歩先を愉しむ~
「酒を飲む姿にも生き様が現れる」とは、言い過ぎだろうか。 否、年を重ね、経験を積んだ大人であれば、それはごく自然な成り行きだ。 酒を飲み慣れていれば様になる、という話ではない。シチュエーションや共に過ごす相手、選ぶ酒の種類。 複合的な要素が絡まりあうがゆえ、お酒の愉しみ方に各人の個性や経験値が投影されるのだ。 では、数ある選択肢の中から、貴方が選び取るべき一杯とは?
2022.11.30
恵比寿Sisters
「女の敵は女」 よく言われる言葉ではあるが、これは正しくもあり間違ってもいる。 女の友情は、感情が共鳴したときに強くなる。逆に感情が衝突すると亀裂が生じ、情も憎しみへと変化する。 この亀裂をうまく修復できなったとき、友人は敵となる。 だが、うまく修復できれば関係性は、より深いものになる。 ここに、性格が正反対のふたりの女がいる。 ひょんなことから東京のど真ん中・恵比寿で、同居を始めたことで、ふたりの運命が回りだす…。
2022.11.30
CAのリアル
女性であれば誰もが一度は、なりたい!と憧れる職業、CA。 その人気は今もなお続き、恋愛市場では男性からも一目置かれる存在だ。 しかし、肝心のCAのリアルな恋愛事情はベールに包まれていて、意外と不鮮明――。 そこで東カレでは、CAの恋愛観やプライベートの過ごし方など、あまり知ることのできなかった私生活にフォーカス!さぁ、“CAのリアル”を紐解いていこう。
2022.11.30
ハッピーエンドの行く先は
「2人は、幸せに暮らしました。めでたし、めでたし」 …本当に、そうでしょうか? 今宵、その先を語りましょう。 これは「めでたし、めでたし」から始まる、ほろ苦いラブ・ストーリー。
2022.11.29
東京Monster
「あの子…フツーじゃない!」 そんな風に言われる女たちが、あなたの周りにもいませんか? ー どうしても、あれが欲しい… ー もっと、私を見て欲しい… ー 絶対にこうなりたい…! 溢れ出る欲望を抑えられなくなったとき、人間はときにモンスターと化すのです。 東京にひしめくモンスターたち。 とどまることを知らない欲望の果て、女たちが成り果てた姿とは──?
2022.11.29
東カレイッキ読み!
東カレ珠玉のストーリーをご紹介!
2022.11.29
東京23区夫婦
「結婚しない男女が増えている」と言われる昨今。しかし東京の婚姻率は人口1,000人当たり5.5%で、なんと全国1位を誇っている。(※『令和2年 東京都人口動態統計年報』) 特に「東京都区部」と呼ばれる東京23区は、その中枢を担っているのだ。 ただ、結婚すればそれだけで幸せなのだろうか? 東京23区内は、エリアによって生活している人たちの特徴が全く異なり、価値観や悩みも違う。 それぞれの区に生息する夫婦が抱える、苦悩や問題とは…?
2022.11.28
現代の“教育・お受験”リアルドキュメント
我が子の教育をどうすべきか。子供を持つ親なら誰しもが一度は考えるテーマだろう。 多くが子供の将来のためにと教育の重要性を認識しながらも、数式のように「これだ」という正解がないだけ、何を優先すべきかは自己判断となる。 本連載では、そうした悩める親の一助となるべく、同様の悩みを抱えながらも試行錯誤する稼ぎ人の、リアルな子育ての実情や教育哲学を紹介していく。
2022.11.28
松坂由里香の奇妙な婚活
松坂由里香は、パーフェクトな女。 美貌。才能。財力。育ち。すべてを持つ彼女は、だからこそこう考える。 「完璧な人生には、完璧なパートナーが必要である」と。 けれど、彼女が出会う“未来の夫候補”たちは、そろいもそろって何やらちょっとクセが強いようで…? 松坂由里香の奇妙な婚活が、いま、幕を開ける──。
2022.11.28
New Yorkに憧れて
「海外で、挑戦したい」 日本にいる富裕層が、一度は考えることだろう。 そのなかでも憧れる人が多いのは、自由の街・ニューヨーク。 全米でも1位2位を争うほど物価の高い街だが、世界中から夢を持った志の高い人々が集まってくる。 エネルギー溢れるニューヨークにやってきた日本人の、さらなる“上”を目指すがゆえの挫折と、その先のストーリーとは? 現状に満足せず、チャレンジする人の前には必ず道が拓けるのだ―。
2022.11.27
29歳のグレー
29歳―。 それは、節目の30歳を目前に控え、誰もが焦りや葛藤を抱く年齢だ。 仕事や恋愛、結婚など、決断しなければならない場面が増えるにもかかわらず、考えれば考えるほど正解がわからなくなる。 白黒つけられず、グレーの中を彷徨っている彼らが、覚悟を決めて1歩を踏み出すとき、一体何が起こるのか…。
2022.11.27
選ばれたい女たちへ ~出会いから結婚まで~
「ハイスペックな男性と結婚したい!」 そう願っている女性は世の中に溢れている。 しかし、年収1,000万超えの男性は日本の人口の7.1%しかいない。※引用:国税庁「民間給与実態統計調査(2020年分)」より たとえ、出会えたとしても、結婚までたどり着くのは至難の業だ。 そこで、本連載では、実際にハイスペ婚を叶えた方に取材し、その秘訣をご指南いただく。 玉の輿も夢ではない、“選ばれる女”になるための極意を経験者のエピソードから学んでほしい。
2022.11.27
男と女の答えあわせ【A】
男と女は全く別の生き物だ。それゆえに、スレ違いは生まれるもの。 出会い、デート、交際、そして夫婦に至るまで…この世に男と女がいる限り、スレ違いはいつだって起こりうるのだ。 —果たして、あの時どうすればよかったのだろうか? できなかった答えあわせを、今ここで。
2022.11.27
東カレ厳選!名店のお取り寄せ特集
東カレ厳選!名店のお取り寄せ特集
2022.11.27
婚活は、ゴルフ場で
空前のゴルフブームが到来している今、ゴルフは男女の出会いの場としても有効だ。 30歳を目前に、いい出会いがなく焦りを感じていた森脇那月(29)も、ゴルフを始めたが…。 東京のゴルフコミュニティーに、ヒエラルキーが存在することを知る。 同じ思惑を抱く女性たちが集うこのコミュニティーで、那月は最後まで勝ち抜き、理想の男性を捕まえることはできるのか―。
2022.11.26
男と女の答えあわせ【Q】
男と女は全く別の生き物だ。それゆえに、スレ違いは生まれるもの。 出会い、デート、交際、そして夫婦に至るまで…この世に男と女がいる限り、スレ違いはいつだって起こりうるのだ。 —あの時、彼(彼女)は何を思っていたの…? 誰にも聞けなかった謎を、紐解いていこう。
2022.11.26
令和の玉の輿ガール
お金も時間も自由に使える優雅な生活に憧れ、誰もが夢見たことのある“玉の輿婚”。 だが、実際にどう出会い、結婚したのかをリアルに知ることは難しい。 そこで、今回は超玉の輿婚をした女性に根掘り葉掘りインタビュー取材を敢行。 出会いから結婚の決め手までを、夫妻それぞれのお話を聞いてみた。 そこでわかったのは、従来の玉の輿婚のイメージと現代とでは夫婦像や求める条件が変わってきていること。 では、“令和の玉の輿婚”とは一体?
2022.11.26
港区デイゲーム
人生のステージが変わるたび、女の友情はカタチを変える。 そしてドラマの舞台も…。夜の港区から、昼の港区に変わるのだ。 20代は深夜の西麻布で、30代は昼の麻布で。女たちは時に嫉妬し、時に優越感に浸る。 これは大人になった女たちが港区で繰り広げる、デイゲーム。
2022.11.26