東京パワースポット物語 Vol.6

10年の月日を費やして玉の輿婚を手に入れたはずの女が、幸せになれない理由

富と名誉を手にし、ほしいままに動かす「成功者」たち。
きっと皆、その座を掴むために血のにじむような努力をしているのだろう。

でも、頑張るだけじゃ成功できない。

―運も実力のうち。

成功者たちのほとんどが、努力と同じぐらい「運」を重視して、自分だけの特別なパワースポットやラッキーアイテムを持っているという。

これまで、37歳バツイチの女をセレブ婚へと導いた不思議な指輪や、容姿コンプレックスを抱えた女医を救ったパワースポットを紹介した。

さて、今回は?


現代版シンデレラ。玉の輿婚を果たした朋美(36歳)の場合


帝国ホテルの『ランデブー ラウンジ』に現れた朋美。

「松崎の家はなんでも帝国ホテルなんですよ。私たちの結婚式はもちろん、2人の娘のお食い初めも、七五三も、毎年のお誕生日会まで全部です」

やれやれといった感じで話し出した彼女だが、特に嫌がっている様子はない。むしろ彼女の表情......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
おたぬきさんていうより、話聞いてその日すぐ神社に行くとか、自分から声をかけるとか、この方のもって生まれた行動力のおかげだと思います。
2018/07/23 05:3099+返信2件
No Name
きっかけはどうあれ、純愛は純愛ですね❤️
2018/07/23 05:5874
No Name
アキバにGO!!
2018/07/23 05:1043返信1件
おそらく…
元女学館生ですけど、同級生がこんな感じの子多かった。考えることはいつも、いかに幸せな結婚をするか、そのためにどの大学へ、そしてどの職種につくかとかそういうこと。麻布や暁星や慶應の彼氏を持つことがステイタス。学校の様子からしてもこの人もきっと女学館なんだろうなぁ。
2018/07/23 16:3017
No Name
玉の輿がどうとか言ってる話って、いつも女性の子供への愛情があまり感じられないです…
バカ殿様でも側近がしっかりしてればなんとかなるのは昔の話の気がするなあ。
男だというだけで甘やかされすぎて無能にしてしまうかもしれない息子より、努力する娘の方がよっぽどいい後継になると思うのだけど。
離婚されても財産分与されるし、自分の子供なんだから、ちゃんと守るために愛情と努力注げよ。
2018/07/23 10:0016
もっと見る ( 26 件 )

【東京パワースポット物語】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo