LESS~プラトニックな恋人~ Vol.10

LESS〜プラトニックな恋人〜:女として求められる悦び。そこにあるのは本当に愛、なのか?

今、東京の男女が密かに抱えている悩みがある。

恋人や夫婦間での、肉体関係の喪失だ。

この傾向は、未婚の男女においても例外ではない。

2017年冬、相思相愛だったはずの彼・健太からプロポーズされた美和子は、涙を流す。

ふたりの5年間に、何があったのか?

実は同棲1年が経つ頃から、ふたりは不完全燃焼の夜を境に“プラトニックな恋人”となっていた。美和子は思いをぶつけるが、レス問題は一向に解決しない。

30歳になった美和子は、学生時代の友人・茜に悩みを相談。御曹司・瀬尾を紹介され、健太と別れることを決意家を出る

そのまま瀬尾と夜を共にした美和子は、体を重ねるたび心まで塗り替えられていく自分の変化を、心地よく感じていた…はずだった。


31歳の夏


開け放たれた窓から、爽やかな風が頬を撫でるように通り過ぎた。

『葉山庵Tokyo』で、プールに張られた水が光を反射するのを眺めながら、私は穏やかな季節の訪れに思わず頬を緩める。

「ああ、幸せ…!」

久しぶりに会う大学時代の友人・茜が、シャンパンを見つめながら噛みしめるように言うので、私は隣に座る杏奈と顔を見合わせながら笑った。

この日は茜から「久しぶりにゆっくりランチがしたい」と声がかかり、皆で青山に集まっていた。茜の夫は開業医で休日も仕事だが、1歳を迎え卒乳した娘はシッターに預けてきたのだという。

杏奈と私が、茜の娘の写真を見せてもらいながら「目はパパ似ね」「笑った時の口元が茜にそっくり」などと言い合っていると、茜が思い出したように私を覗き込んだ。

「美和子、瀬尾さんとは順調なの?」

その問いに、私は迷わず頷く。

実際、私と瀬尾さんの関係は良好と言えた。

彼のマンションで暮らし始めてから早3ヶ月。瀬尾さんは、相変わらず忙しく東京にいないことも多いが、時間を縫うようにして会いに来る彼は、私を少しも不安にさせることがなかった。

…しかしこの時、私と茜のやり取りを聞いていた杏奈の表情が、さっと翳ったのだ。

【LESS~プラトニックな恋人~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo