恋するマザー Vol.10

「あなたって悪い母親ね」と子どもの前で罵られ…。妻のところに突然押しかけてきた、招かれざる客

いつまで経っても、女は女でいたいー。

それは、何歳になっても、子どもができてママになっても、ほとんどの女性の中に眠る願望なのではないだろうか。

いつまでも若々しくいたいという願いや、おしゃれへの欲求、それに少しのときめき。自由やキャリアへの未練。

そんな想いを心の奥底に秘めながら、ママとなった女たちは、「母親はこうあるべき」という世間からの理想や抑圧と闘っているのだ。


◆これまでのあらすじ

専業主婦の翔子(34)は、同僚たちとの再会をきっかけに、仕事をスタートする。

やりがいのある仕事理解のある家族の中で、自分は満たされているはずだと、自分に言い聞かせていた。

ところが、たまたま憧れの男性・明彦と二人きりになってしまったときに、息子の航太が救急搬送され…


『翔子ちゃん、僕に何かできることがあれば遠慮なく言ってください』

翔子は、病室でスマホのメール画面を見ながら、小さくため息を吐いた。

そのメールは、憧れの男性・明彦からだ。

あの日、たまたま二人きりになってしまったディナー。しかしその最中に、夫・圭一から息子の航太が......


【恋するマザー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo