恋するマザー Vol.1

恋するマザー:「子どもができても、女でいたい」。34歳・主婦の人生が、再び動き始めた日

いつまで経っても、女は女でいたいー。

それは、何歳になっても、子どもができてママになっても、ほとんどの女性の中に眠る願望なのではないだろうか。

いつまでも若々しくいたいという願いや、おしゃれへの欲求、それに少しのときめき。自由やキャリアへの未練。

そんな想いを心の奥底に秘めながら、ママとなった女たちは、「母親はこうあるべき」という世間からの理想や抑圧と闘っているのだ。

出産を機に仕事を辞め、専業主婦として毎日を過ごす川上翔子(34)。

夫と一人息子と、幸せな毎日を送っていたはずだったが、元同僚の結婚式に呼ばれた日を境に、彼女の人生が再び動き始めるー。


「ねえ。航太。…航太ってば。先に手を洗ってらっしゃい!」

翔子は、小学校1年生の息子・航太を、追いかけまわしながら小言を言う。

航太は、サッカーの練習から帰るなり、泥だらけでリビングではしゃぎまわっているのだ。

「やーだね!おやつ食べる。ポテトチップスが食べたい!」

「ダメ。お腹いっぱいになってご飯食べなくなるでしょ」

翔子が追いかけてくるのがおもしろいのか、航太は鬼ごっこのつもりになって、すっかりテンションが上がってしまっている。

ーそれにしても…。

息子が喜ぶといって、酔っぱらってはポテトチップスやチョコレートを買ってくる夫の圭一の配慮のなさに、うんざりとため息を吐いた。

翔子は、おやつも食事もしっかり考えて、プランの中で与えている。愚痴の一つでも言いたくなるが、連日深夜帰りになるほど仕事が忙しい夫とは、日常生活についてじっくり話す時間もないのが現実だ。

「ママ―」

いつのまにか航太は服を脱ぎ、パンツ一丁で舌を出している。

「なんで脱いでるのよー!」

「きゃははは!」と楽しそうに笑う航太を捕まえて、そのままお風呂に入れてしまおうと抱え上げた。ふとした瞬間に、こみ上げる幸せ。こうやって息子を抱き上げられるのもあと何回だろう。

―お風呂はいつも通りタイマーでわかしてあるし、ごはんの準備もOK。無水鍋で調理中のスペアリブは、お風呂から上がるころには出来上がっているよね。

そこから寝るまでの段取りをシミュレーションするが、プランは完璧。きっと予定通り進むはず。

専業主婦の翔子にとって、段取り通りに家事が進むことは何よりの喜びだ。

―航太が寝た後、今日は『ユーゴアンドビクトール』のマカロンを食べるんだ。

家事も育児も手を抜かずにやっているつもりだ。そんな中、金曜夜のささやかなぜいたくが、お気に入りのスイーツを食べること。

ただし、夜中のスイーツは着実に翔子の“身に”なっていた。

―明日の里香の結婚式、ドレス入るかな…。

そっと脇腹の肉をつまんでみる。

妊娠を機会に退職して、もう7年が経とうとしているが、明日は元同僚の結婚式に招待されているのだ。

―明日皆に会えるの楽しみだな…。皆、元気かなあ。

翔子は、新婦やゲストたちとの久々の再会に胸を高鳴らせた。

【恋するマザー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo