恋するマザー Vol.7

突然、分厚い封筒を差し出され…。お金に困っていると思われ、同情された妻

いつまで経っても、女は女でいたいー。

それは、何歳になっても、子どもができてママになっても、ほとんどの女性の中に眠る願望なのではないだろうか。

いつまでも若々しくいたいという願いや、おしゃれへの欲求、それに少しのときめき。自由やキャリアへの未練。

そんな想いを心の奥底に秘めながら、ママとなった女たちは、「母親はこうあるべき」という世間からの理想や抑圧と闘っているのだ。

◆これまでのあらすじ

専業主婦の翔子(34)は、同僚たちとの再会をきっかけに、仕事をスタートすることになる。

会社にはなんとか慣れつつあったが、「義両親への報告」を怠っていたことに心苦しさを感じていた翔子。ついに義母に知られることとなり…。


「翔子さんが、仕事を始めた…?」

義母の雅代は、ダイニングテーブルにお茶を並べながら、悲痛な声でそう呟いていた。

夫・圭一の実家は、音羽にあるそこそこ大きな一戸建てで、お坊ちゃま育ちと言えるだろう。

仕事人間だった義父を支える一方で、義母は趣味人。生け花から声楽、和......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
こんな母親に育てられた夫には何も期待できないわ。
2020/01/08 05:5499+返信15件
義父も夫も
呆れ顔なだけじゃなくて、何か言ってかばってあげればいいのに…ここで何も言わなかったことに帰りの車でキレそう。翔子偉いわ。
義母は、マウンティング女子だね…
2020/01/08 06:2599+返信4件
No Name
ちょっと笑っちゃった!
義母は義母で一生懸命に優しいんだね!
生活に困っている時に100万円じゃ足りないよ〜

ともあれ、応援してます!✨
2020/01/08 06:4198返信3件
No Name
アラフォー既婚女性(子供なし)ですが、実の両親ちょっとこんな感じです。
私は海外に住んでいて働きながら学校行ってるのですが、夫(自営業)が生活費も学費も出してくれて生活していますが、私の両親は、夫の稼ぎが悪いから私が仕事してる、まして学校まで行ってると思っていました。
仕事が学校の単位の一部になるので仕事しないと卒業できないと伝えてもそう思い込んでるようです。子供を急いでるのだと思いますが、自分の
意思で学校に行きたいと言ってもそこはあまり聞いてないです。
子供を持つことも、誰もが当然子供は欲しいと思ってるようで分かり合うのは難しいですね
2020/01/08 07:2422返信1件
No Name
こういう自分の価値観だけを押し付けて来る姑さんって本当に厄介!
2020/01/08 06:5916
もっと見る ( 49 件 )

【恋するマザー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo