京都ちゃん Vol.13

京都ちゃん 最終回:これは絶望か希望か?良家の男女がたどり着いた、幸せの形

生粋の京おんな・鶴田凛子(26歳)は、西陣で呉服店を営む京野家の跡取り息子・京野拓真と婚約中だ。

義母の過干渉に苦しむ凛子は学生時代に好意を寄せていた竜太に心が揺れてしまう。

ますますエスカレートする義母の横暴に我慢の限界に達した凛子はついに爆発

しかしそんな凛子を拓真は意外にも男らしく受け止め、凛子は、迷いつつも拓真と再び頑張ってみようと心に誓う。

そんな中、拓真の過去に結婚を考えるほど愛した女性がいることを知り動揺する凛子。

恋愛と結婚は別

気持ちに折り合いをつけながら見合いを受け入れる、男女の行く末は…?


−半年後−

「帰り遅くなるけど、凛子ちゃんひとりで大丈夫…?」

御所南の、新築マンション。

JCの交流会に出かける拓真が、玄関先で見送る凛子を心配そうに振り返った。

「大丈夫やって。もう、心配しすぎ」

呆れたように笑う凛子に、彼は渋々といった面持ちで頷く......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
それぞれ収まるところに収まったって感じ。
良いんじゃない?
この姑さんは口だけじゃなく手もお金も出すんだからありがたいね。
2018/05/20 05:3399+返信6件
No Name
まぁ結局落ち着くところに落ち着いて良かったんじゃないでしょうか。
子供を産んでお嬢さんから母親になると、下着を洗濯はやりすぎだけど家事をして貰えるのは有難いからどんどんやって!と思えるくらい図太くなれますよ。
2018/05/20 05:2599+
No Name
ふーん、それで、といったような結末でしたね。
勝手に下着まで触られて、有難いと思うなんて、理解出来ない。
2018/05/20 05:1791返信7件
No Name
正しい選択だったんじゃないかなー。選ばなかった未来って、誰にでもあるだろうし、じゃあそれを選んでたら今より幸せだったかっていうと、そんなの誰にもわからない。目をつぶって、今あるものに感謝するのも生きてくための術だと思う。
あと、桜子はやっぱりね!って思ったけど。
2018/05/20 05:4786
No Name
桜子と竜太が結婚決まった時点で、すでに凛子が妊娠してて良かった。
前の凛子だったら後悔の念に溺れてそう。
2018/05/20 06:5658
もっと見る ( 85 件 )

【京都ちゃん】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo