京都ちゃん Vol.7

稼いでいても“サラリーマン”はお断り。家柄と資産が何より大事な、京おんなの結婚観

生粋の京おんな・鶴田凛子(26歳)は、西陣で呉服店を営む京野家の跡取り息子・京野拓真と婚約中だ。

義母の過干渉に苦しむ凛子に、昔ささやかな恋心を抱いていた竜太から食事の誘いが。

拓真に嘘をつき密会した凛子は、竜太の言葉に心が揺れてしまう。

義母の横暴はますますエスカレートし、婚約者・拓真の事なかれ主義に凛子は我慢の限界を迎える。

そしてついに「婚約破棄」を考え始める。


あの夜のこと


「やっぱり京都は、和食やね」

鼻からふわりと抜けていく、優しい出汁の香り。

その上質さは、「日本人で良かった」と感じずにいられない感動がある。

茶道のお稽古帰り。親友・ゆりえとランチにやってきたのは、上賀茂にある『京 上賀茂 御料理 秋山』。

とにかく予約が取......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
続きはひと悶着ありそうだけど、今回の終わりはものすごくスカッとした!
2018/04/15 05:3599+返信3件
No Name
とうとう凛子ちゃん、自分の意見を言うんですね。ほっとしました。。拓真さん頑張れー!これで拓真さんが頑張って、これからも2人で協力していけると確信できて結婚するのが、京都で育ってしまった凛子にはいいと思うけどな。
2018/04/15 05:3799+
No Name
そうだ!きっちり言ってやれ!言ってダメなら結婚やめちゃえ!
2018/04/15 05:3858
No Name
「関西」のなかでは一番気になるストーリーです。京おんなの定義、斎王代はお金と家柄で選ばれることをこの話で知りました。
2018/04/15 06:3157返信13件
No Name
「凛子さん、えらい威勢がいいですが、どんな躾されてますえ?」と、家vs家のバトルになったら面白くなりそう。
2018/04/15 07:2838返信2件
もっと見る ( 89 件 )

【京都ちゃん】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo