京都ちゃん Vol.3

京都ちゃん:入籍前、突然呼び出して「墓を守れ」と言い放つ姑に憤りを覚えた日

軽く1時間ほど拘束されたのちに、凛子はようやく義母から解放された。

東山の実家へと車を走らせる凛子の胸に、憤りなのか、悔しいのか悲しいのか、なんとも説明のつかない感情が止めようもなく押し寄せてくる。

気を許したら、涙が溢れそうだ。

堪え切れなくなった凛子は側道に折れ、人気のない道の端に車を寄せる。

…我慢の限界だった。

凛子は意を決し、スマホを取り出す。そして、婚約者・拓真の連絡先を呼び出すと、発信ボタンを押した。


事なかれ主義な婚約者


「もしもし?」

電話に応じた拓真の声は、小さくこもっていた。

そういえば、今日はJCの集まりがあると言っていたことを思い出す。

しかし凛子はもう、そんなことに構っていられる状態ではなかった。

「拓真さん。今、私、お義母さんに実家に呼び出されて。

ゆりえと......


【京都ちゃん】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo