呪われた家 Vol.6

「アハハハハハ…」狂った女が夜な夜なバレエを踊る、恐怖の館に嫁いだ女の悲劇

結婚と同時に女に待ち受けるのは、“義実家”という呪縛。

奇妙な風習、監視の目、しきたり、そして義家族たちの薄笑い…。

夜な夜な響くその声は、幸せでいっぱいだったはずの新妻の心を蝕んでゆく。

◆これまでのあらすじ

看護師の岡林沙織(26) は、恋人の清川宗次郎(28)からプロポーズを受け、1年の交際を経ていよいよ結婚することが決まった。

だが義実家の奇妙なしきたりに圧倒される。また義妹の瑠璃はほぼ軟禁されて育ったと語り、ショックを受ける沙織だった。

そして夜中、ピアノの音とともに聞こえる軽やかな足音。ドアの隙間から見えたトウシューズ。

これは夢だと自分に言い聞かせる沙織だったが…


夜中の物音や、奇妙な違和感に沙織は眠れない日々が続いていた。食欲も落ち、体力も気力も損なわれていく。出勤前のスタッフルームであまりにも顔色が優れないことを、職場の同僚の実花に心配された。

「沙織、同居始めてからあまり眠れてないんじゃない?」

「うん…まだちょっと慣れなくて......


【呪われた家】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo