それでも、私は東京で消耗する Vol.8

「アプリで100人の男性と・・・」婚活中の30歳女が打ち明けたらドン引きされたこと

―まだ東京で消耗してるの?

2014年、あるブログから投げかけられた問いに、いま人々はどう反応するだろうか?

オンライン生活が日常になり、東京にいる必要もないと言われるが、一方で東京にこだわる者もいる。彼女の名前は、莉々ー。

◆これまでのあらすじ

東京に戻り、フリーのマーケティングコンサルとして仕事をはじめ、順風満帆な莉々。恋人からプロポーズされるも、仕事をやめたくないため断る。

▶前回:年収が100万円、男より高いだけで…?“俺と結婚する必要ない”と認定された32歳女の屈辱


『莉々といいます。フリーでマーケティングコンサルやってます、よろしくお願いします♪』

“り”と打ち込めばこのテンプレがでてくるよう、iPhoneにユーザー辞書登録した。

婚活アプリをはじめ、1か月。

来る日も来る日も、無限に湧き出てくるハイスペックな男たちにイイねを......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
実名って・・・ヤバいだろ
2020/09/17 05:5596
No Name
たしかに100人斬りの婚活連載は面白そうで読んでみたい!
けど本名でやる必要ある?
お相手にバレたら名誉毀損になっちゃうんじゃ...。
2020/09/17 05:3470返信5件
No Name
東カレ小説って、マッチングアプリが
よく出てくるね。大人の事情かな

実際、マッチングアプリってどうなんだろ?
2020/09/17 06:0632返信7件
No Name
100人と会うフットワークの軽さとバイタリティがすごいよねぇ🥺🥺
2020/09/17 06:5223
No Name
日本は本当に「未婚・既婚」にこだわるよね。
先日行った歯医者の初診の問診表にも未婚か既婚か丸をつける箇所があった。婦人科とかならまだしも歯医者でなんで?
体験エステでも同じことがあった。たまたま続いただけかもしれないけど、やっぱり日本だなぁと思った。
ちなみに私は事実婚です。
2020/09/17 07:3818返信4件
もっと見る ( 40 件 )

【それでも、私は東京で消耗する】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo