それでも、私は東京で消耗する Vol.4

代理店女子26歳が、イケメン俳優との飲み会に忍び込んだら…?その衝撃的な光景とは

―まだ東京で消耗してるの?

2014年、あるブログからこんな問いが投げかけられた。

そして6年経った今、同じように聞かれたら人々はどう反応するだろうか?

オンラインが当たり前になった生活を考えれば、狭い部屋に家賃を払い続ける理由はない。

しかしここに、それでも東京にこだわる一人の女がいる。名前は莉々。

◆これまでのあらすじ

憧れの職場で、仕事に奮起していた莉々。しかし、友人らがフリーランスとして有名になったことを知り、キャリアに思い悩む。そんな中、旧友・花織から飲み会の誘いが…。

▶前回:「彼氏ではない、魅力的な男性につい…」恋人を捨てた26歳女の誤算とは


―また【ご報告】か…。

仕事終わり。

シャワーを浴びる気力もなくてスマホをいじっていると、1件のメッセージが届いた。だがその内容を読んで、思わずスマホを伏せる。

『私ごとではございますが、この度、かねてよりお付き合いさせて頂いておりました…』

26歳を迎えた頃......


【それでも、私は東京で消耗する】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo