“中の上”の悲劇 Vol.11

MARCH男たち。総合商社は受からないので、専門商社へ!なぜそんなに商社にこだわるの?

「一億総中流社会」と言われる日本。

容姿、学歴、収入。全てにおいて「中流」の少し上に位置する人間は口を揃えてこう言う。

「上を見ればキリがないが、知らなければいい世界もある。」

この連載では”中の上”に位置する男女に起きた、さまざまな悲劇に迫る。

これまで登場したのは、年読者モデルの裕美、ワセ女の聡子、大手メガバンク勤務の健介、ネイリストと結婚した直己。今回登場するのは…?


自称“中の上”が似つかわしくない男、英二24歳。


「俺なんて本当、中の上っていうか、中の中の男ですよ。」

まだ若いのに哀愁漂う雰囲気で話し始めてくれたのは、英二24歳。エネルギー系の専門商社に勤める男だ。

彼とは長年の付き合いであるが、「中の上」という言葉が琴線に触れたのか、久しぶりに連絡が来て会う約束をした。彼の人生について詳しく話を聞くのは、初めてだ。


―中の上。


この言葉は彼に似つかわしくないように思えた。

なぜなら、彼の実家は白金台で、父親はやり手の弁護士。青山学院に初等部から通っており、恵まれた環境の下で育ってきたお坊ちゃまだ。

色白で彫が深い顔立ちは女性から見てもうっとりするほどで、身長はそれほど高くないが、顔が小さくスタイル抜群。

裕福な家庭に育ち、恵まれた容姿を持つ男。それでも自分を「中の上」だと評するのは何故なのか、深く興味をそそられた。

【“中の上”の悲劇】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo