“中の上”の悲劇


「一億総中流社会」

かつて日本はそう呼ばれていた。

「普通が一番幸せ」と今なお信じる人も多いが、それは本当だろうか?

容姿、学歴、収入。全てにおいて「中流」の少し上に位置する人間は口を揃えてこう言う。

「上を見ればキリがないが、知らなければいい世界もある。」

”中の上”に位置するが故に、上も下も、いろんな世界を見すぎて起こりうる悲劇もある。

その”中の上”の男女に起きた、さまざまな悲劇に迫る。

【“中の上”の悲劇】の記事一覧

13
    2016.12.31 Vol.13
    妻をもう、女として見れない。理想のイクメン像を強要された“中の上”サラリーマンの嘆き
      2016.12.25 Vol.12
      専業主婦で夫の年収1,000万VS独身年収600万、どちらが幸せなの?“中の上”女の仁義なき戦い
        2016.12.18 Vol.11
        MARCH男たち。総合商社は受からないので、専門商社へ!なぜそんなに商社にこだわるの?
          2016.12.11 Vol.10
          “中の上”サラリーマンは、なぜかネイリストにモテる!なぜだっ!?なぜなんだっ!
            2016.12.04 Vol.9
            出世街道を外されたメガバンカーの悲劇。左遷先・宇都宮の冷や飯は美味いのか?
              2016.10.29 Vol.8
              “中の上”の悲劇:スペック重視の婚活女子を見下していた、早稲女29歳の本音
                2016.10.22 Vol.7
                “中の上”と烙印を押された商社勤務の人気読者モデル。彼女がよりどころにしたのは…?
                  2016.10.15 Vol.6
                  “中の上”の悲劇:結婚相手の条件は年収2,000万以上?男性をエクセル管理する代理店女子
                    2016.10.08 Vol.5
                    婚活中の元CA美女が“中の上”ランクへ降格!?格下女に負けたワケ
                      2016.10.01 Vol.4
                      “中の上”の悲劇:MARCH卒の限界?商社マンになって初めて味わった、努力だけでは越えられない壁
                        2016.09.24 Vol.3
                        “中の上”の悲劇:「幸せな家庭を築きたい」東大卒の理系エリートが語る平凡過ぎる人生観
                        • FREE
                        2016.09.17 Vol.2
                        “中の上”の悲劇:「もっといい人いるかも…」32歳、タラレバ娘の終わりなき幻想