連載を探す

  • UP
御曹司に恋はムズかしい
お金持ちは、モテる。ゆえに、クセが強いのもまた事実である。 そして、極上のお金持ちは世襲が多く、一般家庭では考えられないことが“常識”となっている。 “御曹司”と呼ばれる彼らは、結果として、普通では考えられない価値観を持っているのだ。 これは、お金持ちの子息たちの、知られざる恋愛の本音に迫ったストーリー。
2021.12.04
  • UP
Miss 東大生ハンター
エリートと結婚して優秀な遺伝子を残したい。 そう願う婚活女子は多い。そのなかでも、日本が誇る最高学府にこだわる女がいた。 ― 結婚相手は、最高でも東大。最低でも東大。 彼女の名は、竜崎桜子(26)。これは『ミス・東大生ハンター』と呼ばれる女の物語である。
2021.12.04
  • UP
男と女の答えあわせ【Q】
男と女は全く別の生き物だ。それゆえに、スレ違いは生まれるもの。 出会い、デート、交際、そして夫婦に至るまで…この世に男と女がいる限り、スレ違いはいつだって起こりうるのだ。 —あの時、彼(彼女)は何を思っていたの…? 誰にも聞けなかった謎を、紐解いていこう。
2021.12.04
  • UP
(コミック版)恋と友情のあいだで
−あの頃の二人を、君はまだ覚えてる...? −なぜ今、思い出すのだろう? 人ごみに流され、都会に染まりながらも、力強く、そして少し不器用に人生を歩む美貌の女・里奈。 持ち前の器用さと明るい性格で、比較的イージーに人生の駒を進めていく一条廉。 これは、都会の中で悪戯に交差する二人の男女の人生を、それぞれの視点から描いたラブストーリー。
2021.12.04
  • UP
甘い墜落
「彼以外を、好きになってはいけない」 そう思えば思うほど、彼以外に目を向けてしまう。 人は危険とわかっていながら、なぜ“甘い果実”に手を伸ばしてしまうのか。 これは結婚を控えた女が、甘い罠に落ちていく悲劇である。
2021.12.03
  • UP
金曜美女劇場
彼女たちの赤裸々な告白に男性諸君はとくと耳を傾けるべき、なのであります。
2021.12.03
  • UP
高偏差値なオンナたち
高い偏差値を取って、いい大学へ進学する。 それは、この東京で成功するための最も安定したルートだ。 …あなたが、男である限り。 結婚や出産などさまざまな要因で人生を左右される女の人生では、高偏差値や高学歴は武器になることもあれば、枷になることもある。 幸福と苦悩。成功と失敗。正解と不正解。そして、勝利と敗北。 ”偏差値”という呪いに囚われた女たちは、学生時代を終えて大人になった今も…もがき続けているのだ。
2021.12.03
  • UP
東カレ推薦! 今月の行くべき店
東カレWEBが自信を持ってお勧めする「今行くべきレストラン」をピックアップ
2021.12.03
抱かれた夜、抱かれなかった夜
これは男と女の思惑が交差する、ある夜の物語だ。 デートの後、男の誘いに乗って一夜を共にした日。一方で、あえて抱かれなかった夜。 女たちはなぜ、その決断に至ったのだろうか。 実は男の前で“従順なフリ”をしていても、腹の底では全く別のことを考えているのだ。 彼女たちは今日も「こうやって口説かれ、抱かれたい…」と思いを巡らせていて…?
2021.12.02
籠のなかの妻
夫は、こんな人だった―? 周りに相談しても、誰も信じてくれない。子どもと一緒に夫の機嫌を伺う日々…。 最近、こんなモラハラ夫に悩む妻が増えている。 有能で高収入な男性ほど、他人を支配しようとする傾向が強い。 優衣(32)も、経営者の夫が突然マンションを買った日から、徐々に自由を失っていく。 広告代理店ウーマンから、高級マンションという“籠”で飼い殺される専業主婦へ。 彼女が夫から逃げ出せる日はくるのだろうか―?
2021.12.02
私の年下くん
女にとって、経験豊富な年上男性は魅力的に映る。 だが、その魅力ゆえこだわりの強いタイプが多く、女は年を重ねていくうちに気づくのだ。 ― 頑張って彼に合わせるの、もうしんどい…。 年上ばかり選んできた女が、自然体でいられる相手は一体どんなタイプの男なのだろうか? これは、アラサー独身女がこれまでの恋愛観をアップデートする物語。
2021.12.02
再構築夫婦
あふれた水は、戻らない。割れたガラスは、戻らない。 それならば、壊れた心は? 最愛の夫が犯した、一夜限りの過ち。そして、幸せを取り戻すと決めた妻。 夫婦は信頼を回復し、関係を再構築することができるのだろうか。
2021.12.01
ニューノーマルな男と女
感染症の流行により、私たちの生活は一変してしまった。 自粛生活、ソーシャルディスタンス、リモートワーク。 東京で生きる人々の価値観と意識は、どう変化していったのだろうか? これは”今”を生きる男女の、あるストーリー。
2021.12.01
生まれながらに不平等
人間は「生まれながらに平等」である。 これは近代社会における、人権の根本的な考え方だ。 だが一方で”親ガチャ”が話題になっているように、人間は親や生まれる場所、育つ環境を選べない。 事実、親の年収が高いほど、子どもの学力が高いこともデータによって証明済みだ。 私たちは生きていくうえで、多くの「生まれながらに不平等」な場面に遭遇してしまう。 中流家庭出身の損保OL・若林楓(27)も、東京の婚活市場で、不平等さを数多く実感することに…。
2021.11.30
推す女
どんなに手を伸ばしても、絶対に届かない相手を想う。 でも、その距離感さえ愛おしく感じる。 彼女たちが抱く想いは、憧れか、依存か、それとも本物の愛か? 結ばれることのない相手に人生を捧げる、女たちの心情を紐解いていく。 これは、「推し」がいる女たちのストーリー。
2021.11.30
男と女の怪談~25歳以下閲覧禁止~
男と女の、珠玉のラブストーリー。 秋の夜長、「その先」のことを語りましょうか。 待ち受けるのは、深くて暗い、底なし奈落。 恋をしたら決してこの物語を読むことなかれ、 特に25歳以下は閲覧禁止。 「事実は小説より奇なり」とはよく言ったもの。 この物語の主人公、あなたの知り合いだと気づいても、 どうか、素知らぬフリをして―。
2021.11.29
シアワセの最適解~世帯年収3,600万の夫婦~
年収が上がると比例して、私たちはシアワセになれるのだろうか―? これを語るうえで知っておきたいのが「限界効用逓減の法則」。 消費される財の数量が増加するにつれて、その追加分から得られる満足感は次第に減少するという意味の経済用語だ。 年収も実は、それと同じだと言われている。 幸福度が最も高い年収は800万円(世帯年収1,600万円)までは満足度が上がっていくが、その後はゆるやかに逓減するという調査があるのだ。 これは、世帯年収3,600万円の夫婦の“シアワセ”探しの物語だ。
2021.11.29
東カレ週間占い
仕事に恋愛に、いつも全力で取り組んでいる東カレ読者たち。 しかし、人生思い通りにいくことばかりではない。 時には、理論的には説明できない“運命”のようなものに、悩まされることも…。 そこで東京カレンダーは考えた。“運”に振り回されるのではなく、味方につければいいのではないか? 毎週月曜日、東京カレンダーがあなたの今週の運勢をお届けする!
2021.11.28
本当に怖い、女の話
『嫉妬こそ生きる力だ』 ある作家は、そんな名言を残した。 でも、常に上を目指して戦う東京の女たちに、そんな綺麗事は通用しない。 ”嫉妬”。 果てしなくどす黒い感情は、女たちを思いもよらぬところまで突き動かす。 ときに、制御不能な域にまで…。 静かに蠢きはじめる、女の狂気。 覗き見する覚悟は、できましたか?
2021.11.28
マンスプ男
「妻が輝いていることが、僕の喜びです」 令和の東京。妻に理解のある夫が増えている。 この物語の主人公・圭太もそのうちの1人。 ・・・が、それは果たして、男の本心なのだろうか? 元来男は、マンスプレイニングをしがちな生き物だ。 高年収の妻を支える夫・圭太を通じて、東京に生きる『価値観アップデート男』の正体を暴いていく。 (マンスプ=マンスプレイニングとは、man+explainで上から目線で女性に説明するの意味)
2021.11.28
男と女の答えあわせ【A】
男と女は全く別の生き物だ。それゆえに、スレ違いは生まれるもの。 出会い、デート、交際、そして夫婦に至るまで…この世に男と女がいる限り、スレ違いはいつだって起こりうるのだ。 —果たして、あの時どうすればよかったのだろうか? できなかった答えあわせを、今ここで。
2021.11.28
東カレ厳選!名店のお取り寄せ特集
東カレ厳選!名店のお取り寄せ特集
2021.11.28
今はもう、なんでもないから
あなたは恋人に、こう言ったことがあるだろうか? 「元カレとはもう、なんでもないから」 大人に”過去”はつきものだ。経験した恋愛の数だけ、過去の恋人が存在する。 だから多くの人は、1つの恋を終わらせるごとに、その相手との関係を断ち切っているだろう。 しかし “東京のアッパー層”というごく狭い世界では、恋が終わった相手とも、形を変えて関係が続いていく。 「今はもう、なんでもないから」という言葉とともに…。
2021.11.24
最終レッスンに間に合えば
人はパートナーに、同じレベルの人間を選ぶという。 つまり手の届かないような理想の男と付き合いたいのなら、自分を徹底的に磨くしかない。 そう考え、ひたむきに努力を重ねる女がいた。 広告代理店に勤務する杏奈(25)。 彼女は信じている。 決して休まず、毎日「あるルール」を守れば、いつかきっと最高の男に愛される、と。
2021.11.22