ラール・エ・ラ・マニエール Vol.8

上層階に住むってそんなに偉いの?!タワマン格差に悩む女性を救った、栗の王様を使ったデザートとは?

『ラール・エ・ラ・マニエール』は、人生に迷った者が辿り着くという、不思議な、だけど実在するレストラン。”正しい導き方”という意味を持つこのレストランは、東京での生き馬の目を抜くような生活に疲れた時に、その扉が開かれる。
さあ今夜、その扉の前に現れたのは……?

さらにこの物語に出てくる料理は、実際にあなたも味わうことができます。
あなたの物語も綴ってください。
このレストランで、料理とともに……。

第1話:婚約破棄された美人受付嬢を蘇らせた、あるレストランの物語
第2話:離婚届を突き付けられた男を立ち直らせた、ソムリエの機転と、ある意外な料理
第3話:転落したベンチャー企業の元社長。彼に過ちを気付かせた「王道」の料理とは
第4話:元モデルが抱え続ける焦燥感。「何者」にもなれない自分に価値はない?
第5話:初めて愛した人にプロポーズを断られた男が気付いた、自分の存在価値とは?
第6話:悩めるスタッフを救った、一流レストランの“特別”な賄い料理とは?
第7話:“おひとり様”を覚悟した女性を癒した、フレンチ×液体窒素の魔法とは


「聞いた事ありますか?上階から下りてくるエレベーターを止めてはいけないって。」

『ラール・エ・ラ・マニエール』を訪れ、ソムリエの吉岡に問いかけたのは、豊洲のタワーマンションに住む朋美(31歳)だ。

彼女は1ヵ月に一度、一人で美味しいものを食べに行くのが趣味で、今月は『ラール・エ・ラ・マニエール』を訪れていた。美味しい料理とお酒を味わい、店のスタッフと話しをするのが、何よりのストレス解消になっているのだ。

「最初は高層階の人からクレームが出たんですって。まるで各駅停車で、1階に辿り着くまで5分以上かかるって。それが今では正式なルールとなって、管理組合がエレベーターの横に張り紙してるんですよ。」

朋美はあきれた顔で笑いながら、自分が住むタワーマンションのルールを説明した。

朋美は、夫の直之(33歳)と二人で、40階建てタワーマンションの3階に住んでいる。結婚前に直之が親の遺産を相続して買い替えていたマンションだ。ローンはなく、管理費だけの支払いで済んでいるため、家計への負担がほとんどなく、朋美は助かっている。

だが、「3階」というのがどうしても気に食わない。いや、正しくは結婚当初は気にしていなかった。震災の後で、高層階に住むことに不安もあった。だが、実際に住み始めてみると、低層階であることに不満が溜まっていった。

低層階用のエレベーターに向かう時、エレベーターで人の視線を気にしながら「3」の数字を押す時、何も知らない時に下りてくるエレベーターを止めてしまい乗っていた人にジロリと冷たい視線を向けられた時……。

低層階の住人は「格下」のように見られるのだと、身をもって経験する度に「なんで3階なんて買ったのよ」と、何の罪もない直之を責めたい気持ちになるのだった。

彼曰く、通勤の利便性、セキュリティやコンシェルジュなどの各種サービス、供用スペースなどが充実しているなどの理由でタワーマンションを選んだだけで、階数に大きなこだわりはなかったそうだ。

確かに、大手メーカーに勤める年収700万の直之と、同じ業界の別会社で事務職をしている年収450万の朋美では、タワーマンションの高層階は不相応なのかもしれない、と朋美自身も感じている。



メディアで取り沙汰されるタワマンでのマウンティングなんて、事実を誇張しているだけだと思っていた。だがそれが誇張でも何でもなかった事を朋美が知るのに、時間はそうかからなかった。

【ラール・エ・ラ・マニエール】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ