モラトリアムの女たち Vol.1

モラトリアムの女たち:家事に協力的な夫と、かわいい娘。それでも女が満たされないワケ

何不自由ない生活なのに、なぜか満たされない。

湾岸エリアのタワマンで、優しい夫とかわいらしい娘に囲まれ、専業主婦として生きる女。

ーあのときキャリアを捨てたのは、間違いだった?

“ママ”として生きることを決意したはずの“元・バリキャリ女”は、迷い、何を選択する?


2019年 2月


「寝顔、かわいいなあ…」

未希はスヤスヤとベビーベッドで眠る我が子・咲月の顔を見つめ、心からつぶやいた。

本当にかわいいものを目の当たりすると、それ以上言葉が出てこないのだ。

3月末に新卒から10年勤めていた会社を退社し、5月に出産した天使のような女の子は、現在8か月になった。

健康で夜泣きもなく、運よくあまり手がかからない赤ちゃんだったためか、育児中と言えど驚くほど穏やかな日々を送っている。

―1年前までは仕事仕事の毎日だったのが嘘みたい…。

大手総合商社に勤務する夫・慎吾との結婚を機に購入した、湾岸のマンション。リビングは大きな窓がたくさんの日差しを迎え入れ、冬のこの時期でも床暖房だけで充分暖かい。

午前中に一通りの家事や育児をこなす。そして咲月が昼寝に入った後はBoConceptで購入した大きめのソファに寝転がり、Netflixで海外ドラマを見るのが毎日の日課だ。

たまに地域の子育て広場や幼児教室、銀座やお台場にショッピングへ行くことだってある。

寒い日が続いていたので、このところ外出は控え気味だったが、不意にどこか行かなきゃと感じていたその時、未希のスマホにLINEがあった。

『佐橋さん、こんにちは。お時間あったら、子ども連れて銀座にお買い物でも行きませんか? 素敵なカフェを見つけたんです』

【モラトリアムの女たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo