恋するマザー Vol.3

“妻”でも“ママ”でもない居場所が、私を待っている…。34歳の妻が夫に告げた言葉とは?

いつまで経っても、女は女でいたいー。

それは、何歳になっても、子どもができてママになっても、ほとんどの女性の中に眠る願望なのではないだろうか。

いつまでも若々しくいたいという願いや、おしゃれへの欲求、それに少しのときめき。自由やキャリアへの未練。

そんな想いを心の奥底に秘めながら、ママとなった女たちは、「母親はこうあるべき」という世間からの理想や抑圧と闘っているのだ。

出産を機に仕事を辞め、専業主婦として毎日を過ごす川上翔子(34)。

夫と一人息子と、幸せな毎日を送っていたはずだったが、元同僚の結婚式に呼ばれた日を境に、彼女の人生が再び動き始めるー。


◆これまでのあらすじ

専業主婦の翔子は、結婚式に招待され、7年前に辞めた会社の同僚たちと久々に再会する。

自分以外の全員がキャリアアップし最前線で働いている現実を目の当たりにし、なぜか引け目を感じてしまう翔子だったが…。


翔子は、元上司・千尋とランチをするため、表参道の『ブノワ』に来ている。

「本当はシャンパンでも…と言いたいところだけど。昼間からそういうわけにもね」

千尋はおどけてそう言うと、翔子とスパークリングウォーターで乾杯した。

このお店は、近くに会社を設立して以来、千尋の行きつけのランチ場所なのだという。

「翔子、そのピアス素敵ね。よく似合ってる」

「ありがとうございます。結婚5周年のときに夫にプレゼントしてもらったんですが、なかなかこういうピアスをつけて出かける機会もなくて。子供追いかけたりバタバタしてると、アクセサリーもなんだか邪魔ですしね」

憧れの千尋からお気に入りのピアスを褒めてもらい、照れてモジモジしてしまう。

千尋は昔からいつも、身につけているものや些細なことに気を留めては「素敵ね」「すごくおしゃれ」と面と向かって褒めてくれる。そんな細やかな優しさが、翔子は大好きだった。

「そういう揺れるタイプのピアスは、子育て中はなかなか難しいわよね。玲が赤ちゃんだったとき思い出すわ。ネックレスを力任せにちぎられたりね」

「子育てあるあるですね」

砕けた口調で言ったものの、翔子はこのシチュエーションにやはり少々緊張している。同時に、非日常の空間に心は踊っていた。

【恋するマザー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo