勝ち組の遠吠え Vol.4

「整形して、青学のゴルフサークルに入ったが…」失敗に終わった地味女の計画

今とは違う“何者か”になりたい。

ここ東京では、そんな風に強く願い行動した者のみが掴める、成功や幸せがある。

彼らは「勝ち組」・「成功者」と称され、周囲から、羨ましがられ、時に妬まれる。

しかし、ご存じだろうか。

彼らは、その影で、ジレンマに苛まれ様々なコンプレックスと戦っていることを…。

この連載では、そんな「勝ち組」となった彼らの、その後のリアルストーリーをお届けする。

これまで、婚活のために有名大学に入った女モテたくて慶應に入った男準ミス慶應と婚約中の男を紹介した。さて今回は?


Vol.4:入学前に整形した女


名前:真理亜(仮名)
年齢:24歳
職業:一般事務


土曜の昼下がり、『エンポリオ アルマーニ カフェ 青山』には、眩しい日差しが降り注いでいた。

「今日はどうぞよろしくお願い致します」

明るい店内の一番端っこの席に座っていた真理亜は、とても控え目に、そして小さな声で、丁寧に挨拶をしてくれた。

ぱっちり二重にスーッと通った鼻筋と、非常にはっきりした顔立ち。さらに高身長でスラリと伸びた手足は、どこかファッションモデルを彷彿させる。

彼女は、北海道の旭川出身で、1年の浪人を経て青山学院大学へ進学した。大学1年生の時には、ミスコンに出ないかと声を掛けられたこともあったという。

しかし、そんな華やかなルックスとは裏腹に、自信なさげに辺りの様子を伺う姿は、どこかチグハグな印象を受けた。

「私、普段は中小企業の事務員の仕事をしているんです。基本地味な生活をしているので、こんなおしゃれな場所にくると緊張しちゃいます」

そう言って、真っ白な歯を見せて微笑んだ真理亜は、視線を落とした。そして、少しばかりの勇気を振り絞って、唐突にこう告白してくれた。

「私ね、実は整形なんです」

おもむろに高校時代の写真を見せてくれたが、面影はあるものの、今のような華やかな美人という雰囲気ではない。 それでもこちらを向いて無邪気に笑う彼女は、愛らしい表情をしている。

一見、整形なんてする必要なんてなさそうに思うが、何故真理亜は整形するに至ったのか、そして何がそんなに冴えない表情にさせているのかをぽつりぽつりと話し始めてくれた。

【勝ち組の遠吠え】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo