勝ち組の遠吠え Vol.8

「中の上が、意外とモテる」あえてトップを狙わない、メガバンク男の言い分

今とは違う“何者か”になりたい。

ここ東京では、そんな風に強く願い行動した者のみが掴める、成功や幸せがある。

しかし、ご存じだろうか。

彼らは、その影で、ジレンマに苛まれ様々なコンプレックスと戦っていることを…。

これまで、学歴マウンティングの土俵にもあがれない女憧れの職業に就いたはずの大阪出身の女などを紹介した。さて今回は?


Vol.8:「中の上」から脱したと思った男


名前:健太
年齢:35歳
職業:外資系金融機関勤務


東京駅にある『カメリア』に、一人のスーツ姿の男が現れた。

「初めまして、よろしくお願いします」

健太と名乗ったその男は、170cmちょっとの背丈に紺のスーツを着ており、初対面では、いたって普通のサラリーマン......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
明けましておめでとうございます
2020/01/01 05:1060
No Name
この人みたいに向上心を持ち続けたいなと思いました
2020/01/01 05:1042返信1件
No Name
現実だと、公立の小学校で中の上だった人は、大学は日東駒専クラスで就職もメガバンじゃなく地銀くらいのイメージ。
2020/01/01 11:1236
39
私と同じだ。勉強も他のことも、基本は真ん中の上位群。働き始めて営業成績がトップになったことがあって、初めてプレッシャーと面白さを感じた。で、満足できなくて転職して、今も上を見てる。確かにエンドレスゲーム笑。でも、中の上じゃもう満たされないから、戻れない。
2020/01/01 08:1122
No Name
どんな理由であれ頑張る人は応援したいですね!
あと、まったく関係ないですが家族ぐるみは2019年ヒット小説なんですか?
2020/01/01 08:548返信1件
もっと見る ( 12 件 )

【勝ち組の遠吠え】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo