たかが離婚、されど離婚 Vol.7

「はじめまして。僕が彼女の夫です」自分の妻とデートする見知らぬ男に、夫が声をかけた結果…

「一人のひとと、生涯添い遂げたい」。結婚した男女であれば、皆がそう願うはずだ。

しかし現実とは残酷なもので、離婚する夫婦は世の中にごまんといる。だが人生でどんな経験をしたとしても、それを傷とするのかバネとするのかは、その人次第。

たかが離婚、されど離婚。

結婚という現実を熟知した男女が、傷を抱えながら幸せを探していくラブ・ストーリー。

◆これまでのあらすじ

友梨は、真由子の不倫デートを目撃する。パートナーを裏切っていたのは真由子のほうだった…。

▶前回:「私の旦那を、たぶらかしたでしょ?」男と2回食事したら、彼の妻が職場に殴り込んできて…


『妻が、尾形さんのところへ行ったよね?』

大友将人は躊躇しながらも、尾形友梨へLINEを送った。

別居中の妻・真由子がスマホの位置情報を使って、自分のことを監視していると知ったのは、つい最近のこと。

以来、将人も将人で、真由子の位置情報をこっそり覗き見していた。そし......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
相手を縛るための位置情報アプリで、真由子自身が致命傷を負う羽目になるとは、皮肉なものですね。
相手の言葉自体を信用できなくなったら、人としての信頼関係はもうそこで、終わってるも同然だと思う。
2020/11/01 05:4983返信1件
No Name
うーん‥この連載、最初は興味深かったんだけどな。
真由子が登場したあたりから方向性が霞んできて、描写が回りくどく感じちゃう。
『今はダメ』だけのLINEからあれこれ連想して友梨と合流したくだりとか、私は全然ピンと来なくて。
2020/11/01 06:0770返信6件
No Name
急にしっかりしだした将人。別居なのに離婚て言いふらして遊んでた人と同一人物とは、!
2020/11/01 06:1468返信3件
No Name
こうなったら、そうなる(離婚)意外の選択肢はなかなかないよね。。
2020/11/01 06:0937返信2件
No Name
いやいや、浮気現場じゃ間男逃がさないで、とりあえず写メだけ撮る。
ただその場では確認もしないで証拠固め、かな。
奥さんの位置情報バッチリ掴んでるわけだから簡単。しかもそれを奥さんはNTR旦那が知ったとは思って無い訳だからね。
別居とはいえ1年なら夫婦破綻の判断出ないし、民事裁判事案で間男と妻から慰謝料ゲット?
まぁ、読み物だから良いか?(笑)
2020/11/01 06:0525返信8件
もっと見る ( 53 件 )

【たかが離婚、されど離婚】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo