1/3のイノセンス ~友達の恋人~ Vol.6

「騙すつもりはなかったの…」彼氏に隠れて元カレからの電話を受けた女の、下手な言い訳

特別だと思っていたのは、私だけだったの−?

広告代理店でコピーライターをしている橋本杏(24歳)は、同期の沢口敦史(24歳)に淡い恋心を抱いている。

“友達以上”の態度をとる敦史に期待してしまう杏。

しかし学生時代からの親友・優香と敦史を引き合わせてしまったことから関係が一変。

強がることしかできない杏をよそに付き合い始めた二人

だが優香はその裏で既婚者・入江との関係を清算しきれておらず、彼に誘われるままホテルで再会してしまうのだった。


優香:「私はただ…猶予が欲しかっただけ」


「へぇ。やっぱり美味いもんだな」

今年、代官山に誕生した新スポット KASHIYAMA DAIKANYAMA。その4階にあるフレンチレストラン『コトー』で、敦史が驚いたように目を見開いた。

「いや俺、フレンチとか全然よくわからないけど、でもここは美味いな」

…いけな......


【1/3のイノセンス ~友達の恋人~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo