1/3のイノセンス ~友達の恋人~ Vol.1

1/3のイノセンス 〜友達の恋人〜:“親友”のレッテルを貼られてしまった女の悲劇

現れた“彼女”


恵比寿のビアバー『101 TOKYO』。喧騒の中で、着信に気づいたのは偶然のことだった。

「お前もさぁ俺とばっか飲んでるけど、他にいい男いないのかよ」

酔いがまわり饒舌になった敦史が私をからかう。

「あのねぇ。私は敦史が誘ってくるから仕方なく付き合ってあげてるのよ」

憎まれ口に憎まれ口で返す私。口を尖らせじろりと睨んでみせるけれど、彼は楽しげに肩を揺らすだけだ。

「まったく、もう」と言いながら手持ち無沙汰にスマホを触る。ちょうどそのタイミングで、画面に“三浦優香”のLINEアカウントが表示されていたのだ。

「もしもし、優香?どうしたの?」

電話をよこしたのは、大学時代からの友人・優香。

都内の私立大学で出会い、絵に描いたような青春時代を共に過ごした親友だった。

卒業後、バリキャリ志向だった私は大手広告代理店に入社。優香は自身の父親が名の知れた弁護士であるツテもあり、4大ローファームの一つに秘書として採用された。

最近は生活サイクルの違いでなかなか会えなくなっていたから、こんな風に電話がかかってくるのは珍しい。

「杏、いまどこにいるの?」

どこか切羽詰まった様子の親友に、私は一応周囲に配慮をし、声を潜めて答える。

「同期と恵比寿で飲んでる。ほら、優香にも話したことあるでしょ、敦史と一緒にいるのよ」

優香と敦史に面識はない。しかし私は優香と一緒にいる時、“仲の良い同期”として頻繁に敦史の話題を出していた。それゆえ彼女はすぐに「ああ、敦史くん」と理解したようだ。

「ちょっと杏に話したいことがあったんだけど…大丈夫、また今度にする。お邪魔してごめんね」

優香はそう言って電話を切ろうとした。しかしいつもより明らかに低い声のトーンが心配になり、私の方から彼女を引き止めたのだ。

「優香、本当に大丈夫?」

敦史に「少し待ってて」と目配せをしてから、私は優香との会話に戻ろうとした。するとそれまでやり取りを黙って聞いていた敦史が、私にこんな提案をしたのだ。

「ここに呼んであげれば?女の子なら、俺はむしろ大歓迎」

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
急ぎで話したかった内容とかって、こう言うシチュエーションだと言いづらいことだろうに。なぜわざわざ呼ぶ?そしてなぜわざわざ来る?
2019/07/06 07:0599+返信4件
No Name
せめて友達には仲のいい同期ってだけではなく、好きって言っておけば良かったね。
ま、言ってたとしても彼が友達を好きになっちゃう可能性はあるけど(笑)

今後の展開は彼と友達が付き合うんだろうけど、結末が予想出来ないから楽しみ!
2019/07/06 05:2899+返信5件
No Name
タイトルが昭和 笑
東カレらしくなく純情な感情(笑)を貫いて、
マウンティング系の話にならないといいなー
2019/07/06 05:2361返信9件
No Name
優香と淳史、付き合うことになるみたいだけど。優香は、杏の気持ち、ほんとに知らないのかな?!親友でよく話してるなら聞かされてなくても察しがつきそうだけどな。そう思うと優香は、あまり良い印象じゃないなぁーまだ1話だけど。
2019/07/06 08:1745返信2件
No Name
昔から分かっていたなら(優香がモテるということ)、こういう場に呼ぶなよって。。少し頭が働かせて事前に考えるでしょう?普通。この子を呼んだら場はどうなるかなぁ、って。🤔
2019/07/06 07:2030返信4件
もっと見る ( 81 件 )

【1/3のイノセンス ~友達の恋人~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo