1/3のイノセンス ~友達の恋人~ Vol.5

「危険な男だと知っていたのに...」道ならぬ恋に溺れる女が、理性を失った夜

特別だと思っていたのは、私だけだったの−?

広告代理店でコピーライターをしている橋本杏(24歳)は、同期の沢口敦史(24歳)に淡い恋心を抱いている。

“友達以上”の態度をとる敦史に期待してしまう杏。

しかし学生時代からの親友・優香と敦史を引き合わせてしまったことから関係が一変。

強がることしかできない杏をよそに付き合い始めた二人

だが優香はその裏で、既婚者・入江との関係を清算しきれていなかった


杏:「そんなんじゃ、私の苦しみが報われない」


−敦史くんには絶対に言わないで。お願いよ−

通勤途中。メトロの通路を歩きながら、私の頭に優香の揺れる瞳が浮かぶ。

明らかな動揺。

彼女は必死で隠していたが、私と優香は学生時代ずっと一緒にいたのだ。嘘かどうかくらいわかる。

…まさか。あの入江と、まだ続いていたと......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
杏のあたためつづけた思いなんて誰にも分かんないんだから、それを主張されてもどうにもならない
でも優香のはただの不倫
2019/08/03 05:1599+返信9件
No Name
したたかに友達の想い人は誘惑して落とし。
不倫には流される。

絵に描いたような、同性に嫌われる女だね。
痛い目にあってスッキリさせてほしいけど、そういう展開じゃなさそう。
この小説全体的に粘っこくてリアル。
2019/08/03 05:5599+返信4件
No Name
健一にしなよ、杏
敦史のことは風化できるよ
2019/08/03 05:1999+
No Name
本当にいけ好かない女だ!
恥を知れ!不倫女
2019/08/03 05:2584返信13件
No Name
優香の不倫はよくない。
けれど杏には関係のないこと。当事者でもなんでもない。
杏の思惑通り優香と敦士が別れたところでどうせ杏の温め続けた思いが通じるわけではない。
2019/08/03 06:0373返信3件
もっと見る ( 109 件 )

【1/3のイノセンス ~友達の恋人~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo