罠 Vol.1

罠:誰かが、私たちの結婚を邪魔している…?医師と婚約をした翌日、SNSに届いた不気味なメッセージ

—今すぐ、婚約を破棄しろ。

ある日、柊木美雪(ひいらぎ・みゆき)のSNSに届いた奇妙な一通のメッセージ。

恋人の黒川高貴(くろかわ・こうき)からプロポーズをされて幸せの絶頂にいたはずの美雪は、その日を境に、自分を陥れようとする不気味な出来事に次々と遭遇する。

“誰かが、私たちの結婚を邪魔している。でも、一体誰が…?”

美雪を待ち受ける数々の“罠”をくぐり抜け、無事に結婚にたどり着くことが出来るのかー?


「柊木美雪さん。僕と結婚してください」

恋人の黒川高貴が、恥ずかしそうにバラの花束を差し出しながらそう言った時。私は胸に突き上げてくる感情を抑えきれず、目から涙が溢れそうになった。

「綺麗な花束、ありがとう…。こちらこそ、よろしくお願いします…!」

「よかった…」

緊張で強ばっていた高貴の顔が途端にくしゃくしゃになり、彼はまるで子犬のように笑った。顔中に皺ができて目が極端に細くなる、大好きな高貴の笑顔。

私はもうすぐ、それを独り占めすることができるんだ。そう思うだけで鼓動が早まり、息苦しいほど胸がいっぱいになる。

「私が高貴のプロポーズ、断るわけがないでしょ…!」

涙を堪えて笑いながらそう言うと、高貴は心底申し訳なさそうな顔をした。

「僕は仕事柄忙しいから、美雪に寂しい思いをさせないか不安で…。最近も当直続きだし、外科で医療訴訟があったらしくてさ。それで通常業務以外の仕事が増えちゃって…ずっとデートできてなくてごめんね」

「私は大丈夫だよ。それより、訴訟なんて大変だね。つらい気持ちよくわかるよ。ほら、うちの父、弁護士だったから。…私、これまで以上に料理とか家事を頑張って、高貴を支えるね」

高貴は私の手をそっと握りながら、少し潤んだ眼差しを向けてくる。

「ありがとう。こんなに身も心も美しい女性と結婚できるなんて、僕は世界一の幸せものだ」

ここは、ザ・リッツ・カールトン東京の45階にある『AZURE 45』。そして今日は、私の29歳の誕生日だ。

勤務医として働く高貴は多忙を極めていて、「誕生日のお祝いをしよう」と言ってきたのもつい1週間前だった。

だから、こんなサプライズがあるなんて思いもしなかったのだ。

「これまで生きてきて、こんなに幸せを感じたことないかも、私」

高貴のつぶらな瞳を見つめながら、そう呟いた。同時に、脳裏にはこれまでの28年間の日々が、まるで走馬灯のように蘇ったのだった。

【罠】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo