罠 Vol.7

とんでもない女を、敵に回してしまった…。“たった一晩のミス”がきっかけで起こる、負の連鎖


—今すぐ、婚約を破棄しろ。

ある日、柊木美雪(ひいらぎ・みゆき)のSNSに届いた奇妙な一通のメッセージ

恋人の黒川高貴(くろかわ・こうき)からプロポーズをされて幸せの絶頂にいたはずの美雪は、その日を境に、自分を陥れようとする不気味な出来事に次々と遭遇する。

“誰かが、私たちの結婚を邪魔している。でも、一体誰が…?”

美雪を待ち受ける数々の“罠”をくぐり抜け、無事に結婚にたどり着くことが出来るのか-?

美雪は、ブライダルフェアで知り合い仲良くなった鈴木ゆりこを救うため、彼女がいるバーへと向かうが、そこで山本という男からキスされそうになった。

キスは未遂に終わったが、高貴のもとに、何者かからキスしているかのような写真が送られてきた。

結菜と藍と調査を開始した美雪は、親友・凛香に対して疑惑を深めるが、思い違いだったようだ。しかし今度は高貴の母親に写真が送られてしまったのだった。


探偵事務所にて


私と高貴は、先ほどからソワソワしながら、殺風景な白い部屋のパイプ椅子に腰掛けていた。

ここは、五反田駅から15分ほどの雑居ビルの5階。

目の前の飾り棚には、「芹澤探偵事務所」の名前と、東京都公安委員会の届出番号、そして警視庁の登録業者である旨が書かれたシルバープレートが置......


【罠】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo