罠 Vol.1

罠:誰かが、私たちの結婚を邪魔している…?医師と婚約をした翌日、SNSに届いた不気味なメッセージ

一人暮らしのマンションで起きた、恐怖の出来事


22時半。麻布十番のマンションの玄関ドアを開けると、心地よい高揚感と安堵に包まれた。私はすぐに父と母の仏壇が置いてある部屋に向かう。

「お父さん、お母さん」

部屋の中は、しんと静まり返っている。

「私、ついにプロポーズされたよ。相手はね、黒川高貴さんっていう方。仕事に一生懸命ですごく優しくて真面目な方なの。きっとお父さんとお母さんも気に入ると思うよ」

私は、手を合わせながら続けた。

「それにね…私たちは似たもの同士なの」

高貴と知り合ってすぐに、彼も小さい頃、医師だった父を亡くしているのだと聞いた。それ以来、何か運命的なものを感じていたのだ。

私は一呼吸おいて、父と母の遺影を見つめる。

「私、やっと一人じゃなくなるよ。絶対に、幸せになるね」

そう言った瞬間、見慣れた父と母の顔が、少しだけ笑った気がした。



私はリビングのソファに座って、スマホを手に取った。

さっき凛香と食事したときに2人で撮った写真を、彼女がSNSに投稿している頃かもしれない。そう思って、何気なくInstagramをチェックしはじめたのだ。

ふと見ると、メッセージアイコンに通知のマークがついている。

何気なくタップした、その瞬間。


背筋が凍り、私はしばらくその場から動けなくなった。

そこには、こんなメッセージが書いてあったから。

-いますぐ、クロカワコウキとの婚約を破棄しろ

一体、どういうこと…?

このときの私は、得体の知れない黒い影が、静かに忍び寄っていることを、そして掴みかけた幸せが、音も立てずにゆっくりと崩れ落ち始めていることを、まだ知らなかった。


▶Next:12月23日 日曜更新予定
プレ花嫁になって浮かれる美雪の前に現れた、謎の美女とは?



【東カレSUMMERプレゼントキャンペーン】

アンケートに答えて素敵な賞品をGETしよう!
アンケートはコチラから!

【罠】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo