LESS~プラトニックな恋人~ Vol.17

LESS ​ ​最終回:男女である限り性は切り離せない。プラトニックな恋人が選んだ涙の結末

2017年冬、健太からプロポーズされた美和子は、涙を流す。

ふたりの5年間に、何があったのか?

実は同棲して間も無く、ふたりは “プラトニックな恋人”となっていた。

学生時代の友人・茜から、御曹司・瀬尾を紹介され、彼から真剣告白された美和子は健太と別れることを決意家を出る

瀬尾と夜を共にした美和子は彼のマンションで暮らし始めるが、強引に結婚話を進められ困惑

そんな中、復縁を望む健太から手紙を渡され彼を忘れられない気持ちを再確認した美和子は、瀬尾に別れを告げ、ひとりで暮らし始める。


不毛な関係を続ける理由


中目黒で一人暮らしを始めてから、早いもので3ヶ月が経つ。

最近のビッグニュースといえば、百合さんが再婚したこと。

相手を聞かされた時は本当に驚いたが、しかしすぐに納得した。最初に会った時から百合さんと“やまちゃん”の間には確かに特別な空気感があるな、と感じていたから(私はてっきり、昔付き合っていたのだと思ったが)。

周りはどんどん変化するのに、私はといえば…何一つ進歩のない日々を過ごしていた。

瀬尾さんと別れたことを知った茜は、呆れながらも「…ご縁がなかったのね」と上品に収めてくれ、相変わらず派手に遊んでいる杏奈は「ひとりに慣れるとまずいわよ」と私に忠告し、頻繁に食事会に誘ってくれる。

しかし新しい出会いを探す気になれぬ私は、未だに健太と不毛とも思える関係を続けているのだった。

毎日のように連絡を取り合っても、お互いに「会おう」と言い出さない。

それはきっと、会ってしまったら…結論が出てしまいそうで怖いのだ。

−キスをしたり、抱き合ったり、恋人同士として当たり前のことをしよう。

健太は手紙に、そう書いてくれていた。

けれどもそんなことが…これだけ拗れてしまった私たちにできるのか?

その答えを知ってしまうのは、とても恐ろしかった。

…私たちの、そんな曖昧で生ぬるい関係にようやく終止符が打たれることとなったのは、2017年冬。木枯らしが吹く、寒い夜だった。

【LESS~プラトニックな恋人~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo