私、港区女子になれない Vol.15

いよいよ明日で最終話!「私、港区女子になれない」全話総集編

港区女子。

それは“女”としての魅力を最大限に利用し、したかに生きる女たち。

しかし東京にはもちろん、こんな女性たちばかりではない。 高学歴やキャリアを武器に、自立して生きる女性たちも少なくない。

彼女たちは港区女子に反発しながら、口を揃えてこう言う。

「私、港区女子になれない」

慶應義塾大学卒、大手広告代理店勤務の篠田涼子(29)もそのうちの一人。 彼女の目の前に、港区女子・香奈が現れ、改めて自身の生き方を問う。

涼子は果たして、香奈より幸せになれるのか?

「私、港区女子になれない」一挙に全話おさらい!

第1話:高学歴キャリア女子VS男に頼る港区女子。賢いのはどっち?

―30歳の誕生日に、自分で稼いだお金でHERMESのバーキンを買う。

バーキンを手に入れる。それだけなら、これまでにもチャンスはあった。しかし涼子は、ただブランドバッグを振りかざす女になりたいわけではない。高級品は、身に着けるのに相応しい自分になって手に入れるからこそ、価値があるも......


【私、港区女子になれない】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo