私、港区女子になれない Vol.13

港区女子も高学歴女も勝てない。良家に嫁ぐに相応しい、最強スペックの女性とは?

港区女子。

それは“女”としての魅力を最大限に利用し、したたかに生きる女たち。

一方、東京では高学歴やキャリアを武器に、自立して生きる女性たちは口を揃えてこう言う。

「私、港区女子になれない」

慶應義塾大学卒、大手広告代理店勤務の篠田涼子(29)もそのうちの一人。

涼子は30歳の誕生日にバーキンを自力購入することを目標に頑張っているが、そんな彼女の前に、不倫相手にバーキンを貢がせた港区女子・香奈が現れ、心をざわつかせる。

香奈への苛立ちを、紹介で出会ったIT企業経営者・に愚痴っていると、なんと誠は「俺がバーキン買ってやろうか?」と言い出し、涼子を困惑させるのだった。


シンプルで簡単なことほど、難しい…


誠と食事してから、1週間が経とうとしている。

―誕生日に、俺がバーキン買ってやろうか?

あの日以来涼子は、誠の言葉の真意を考えれば考えるほど迷宮入りしている。彼は一体、どういうつもりなのだろう。

しかも「家族でも恋人でもないのにあり得ない」と言ったら、彼は「じゃあ俺と付き合えばいい」と言ったのだ。

高学歴女にとって、恋愛ほどやっかいなものはない。

これまで習得したどんな公式も役に立たず、努力は報われるどころか空回りすることのほうが多いのだから。

「ダメだ、まったくわからん…」

「…え?あ、わかりづらかったですか?」

後輩・麻里子が、報告資料を片手に申し訳なさそうに言う声で、我に返る。

―しまった、またやってしまった。

「ごめん、違うの。もう一回お願いできる?」

仕事中に男のことを考えて支障を来すなんて、あり得ない。集中だ、集中。

涼子は頬を叩き、麻里子の報告に耳を傾けようとするのだが、しばらくするとまた誠に意識が向いてしまう。

―きっと、香奈なら躊躇なく頷くんだろうな…。

欲しいなら欲しいと言えばいい。しかしシンプルで簡単なことほど、高学歴女にとっては難しい。

やはりどうしたって涼子は、「港区女子になれない」側の女なのだ。

【私、港区女子になれない】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo