私、港区女子になれない

港区女子。

それは“女”としての魅力を最大限に利用し、したかに生きる女たち。

しかし東京にはもちろん、こんな女性たちばかりではない。
高学歴やキャリアを武器に、自立して生きる女性たちも少なくない。

彼女たちは港区女子に反発しながら、口を揃えてこう言う。

「私、港区女子になれない」

慶應義塾大学卒、大手広告代理店勤務の篠田涼子(29)もそのうちの一人。
彼女の目の前に、港区女子・香奈が現れ、改めて自身の生き方を問う。

涼子は果たして、香奈より幸せになれるのか?

【私、港区女子になれない】の記事一覧

16
    2017.05.04 Vol.16
    私、港区女子になれない 最終回:女の幸せは、何者にもなれぬ自分を受け容れた先にある。
      2017.05.03 Vol.15
      いよいよ明日で最終話!「私、港区女子になれない」全話総集編
        2017.04.27 Vol.14
        やっと言える。私は、港区女子になれないんじゃない。自らの意志で、“ならない”のだ。
          2017.04.20 Vol.13
          港区女子も高学歴女も勝てない。良家に嫁ぐに相応しい、最強スペックの女性とは?
            2017.04.13 Vol.12
            私の方が結果を残しているのに、なぜ?同期の出世に渦巻く、高学歴女の嫉妬
              2017.04.06 Vol.11
              「やりたいことがあるなら出資しようか?」港区女子を惑わす、甘い誘い。
                2017.03.30 Vol.10
                おじさまを転がせても、彼の母親に嫌われる港区女子。慶應一族から受けた、強烈な洗礼
                  2017.03.23 Vol.9
                  私、港区女子になれない:「あの子だけは嫌」港区女子の分不相応さを許せぬ、高学歴女
                    2017.03.16 Vol.8
                    私、港区女子になれない:年収1,000万円の慶應ガールが言う「普通の男」は一体どこに?
                      2017.03.09 Vol.7
                      30歳目前。港区女子になれない高学歴女が迫られる、「賢さ」の変容。
                        2017.03.02 Vol.6
                        私、港区女子になれない:ヤドカリの如く男を渡り歩く港区女子。女の自立は要らぬプライドなのか?
                          2017.02.23 Vol.5
                          港区女子になれない高学歴キャリア女の苦悩と、男の愛を利用する女の代償。