私、港区女子になれない Vol.4

私、港区女子になれない:結局男が選ぶのは、港区女子にあって高学歴女にない賢さ

頑張った先に、幸せはあるの―?

慶應義塾大学を卒業し、大手広告代理店で働く篠田涼子は、30歳の誕生日までに自分で稼いだお金でバーキンを買うことを目標にしている。

しかし、男の愛を利用して生きる女・香奈が、男からバーキンをプレゼントされたのを知って心がざわつく

一方香奈も、2年間不倫関係にあった倉田の嘘を知ってしまう。

傷心する香奈。しかし、慶應内部生のお坊ちゃん・洋輔からアプローチを受けてまんざらでもない様子…?


愛ってなんですか?


―愛ってなんだろう。

1人で居るにはあまりに広すぎるリビングで、香奈はそんなことをぼんやりと考えている。

男に愛されて生きるのが、女の幸せ。

ずっとそう信じて生きてきたが、「愛される」とはどういうことを言うのだろう。焦点の合わない目で部屋を見渡すと、遠く、ソファの上......


【私、港区女子になれない】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo