シンガポール大逆転 Vol.11

シンガポール大逆転:港区女子のプライド。結局、シンガポールより港区の方がレベルは上?

28歳を過ぎた瞬間から市場価値が落ちていく。

東京婚活の暗黙のルールは30代婚活女子に取って非常に厳しい現実だ。

そんな東京の現実に耐えられず、留学(遊学?)という名の海外逃亡を図る東京女子は後を絶たない。旧昨今は、年齢関係なしに日本人というだけで市場価値が上がり、世界レベルの金持ちが集まるシンガポールが彼女たちのターゲットのようだ。

東京市場での敗戦が濃厚となった30代女性が、一発逆転を目指し、海を渡り必死に出会いを探す実例に迫る。

今までには、東京でもシンガポールでも敗北し、最終的に香港に渡った春香、セレブになりきれない彩乃、売れない三流モデルから大富豪の妻の座を獲得した美咲、日本では売れなくなったCAの里子、駐妻として現地で苦い思いをする英恵、生粋のお嬢様のリナ、東京にいられなくなりシンガポールへ逃げた加奈、SNS婚活漂流女子の幸子、イスラム教に改宗した直子、駐妻からセレブ妻に格上げしたを追った。

最終回の今回は...?


<今週のシンガポール大逆転女子>

名前:エリカ
年齢:30歳
渡星前の職業:大手日系証券会社
現在の職業:投資ファンド会社
年収:3,000万円
出身:東京
住まい:元麻布
家賃:約75万円
趣味:ワークアウト


「シンガポールが夢の国だなんて......。それはどうでしょうね?」

港区麻布台の、とある会員制クラブのラウンジ。エリカはシャンパンを片手に不敵な笑みを浮かべ、意味深な発言をした。

このクラブは高額な入会金だけでなく、会員による推薦がなければメンバーになることはできない。港区内でも特に選ばれし者たちが集まっている。

休日はこのクラブのプールで泳き、優雅な時間を過ごすのがエリカの日課だそうだ。

彼女はエキゾチックで品のある顔立ちをしている。大きくカールした長い黒髪は艶やかに輝き、日々のワークアウトで鍛えているだろう身体はしなやかに引き締まっていて、ピンと伸びた姿勢も美しい。この女は、「エリカ」という名前がピッタリの、周囲の目を引くかなりの美人だ。

【シンガポール大逆転】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ