シンガポール大逆転 Vol.6

シンガポール大逆転:勝ち組は一生勝ち組。生まれた時から勝負は既に決まっている

28歳を過ぎた瞬間から市場価値が落ちていく。

東京婚活の暗黙のルールは30代婚活女子に取って非常に厳しい現実だ。

そんな東京の現実に耐えられず、留学(遊学?)という名の海外逃亡を図る東京女子は後を絶たない。旧くはパリやニューヨークが人気であったが、昨今は、年齢関係なしに日本人というだけで市場価値が上がり、世界レベルの金持ちが集まるシンガポールが彼女たちのターゲットのようだ。

バブルのような高揚感と夢を見させてくれる男との出会いが溢れる国・シンガポール。

東京市場での敗戦が濃厚となった30代女性が、一発逆転を目指し、海を渡り必死に出会いを探す実例に迫る。

今までに東京でもシンガポールでも敗北し、最終的に香港に渡った春香や、結局セレブになりきれない彩乃、そして売れない三流モデルから大富豪の妻の座を獲得した美咲、そして日本では売れなくなったCAの里子、駐妻として現地で苦い思いをする英恵を紹介してきた。今回は……?


<今週のシンガポール大逆転女子>

名前:リナ
年齢:28歳
渡星前の職業:日系金融
現在の職業:大手米系金融
年収:約5千万円
出身:英国のOxford地方
住まい:River Side
家賃:約42万円
趣味:アーチェリー

「来年から父の会社に入り、将来は引き継ぐ予定です。」そう言ってニコリと微笑むリナは意志の強そうな黒髪美人だ。

幼い頃から英国のBoarding Schoolに通い、インターナショナルな環境で育ってきた。

「日本語が苦手で(笑)。敬語下手ですみません。」

そう言ってはにかむリナは、日本語より英語の方が得意で、話していて楽だと言う。


強気な姿勢に、この美貌。
モテない訳がない。

「シンガポールには父の会社の子会社があって、それを見越して移住してきました。父の会社に入る前にシンガポールで他の会社も経験したくて、米系の金融会社を選びました。」

リナが現在勤めている会社はグローバルでもトップクラス。そこでセールスとして働いているリナはシンガポールに来てから毎日のように錚々たる男性陣からのオファーが絶えないという。

【シンガポール大逆転】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ