シンガポール大逆転 Vol.5

シンガポール大逆転:日本からは勝ち組に見える駐妻は、現地日本人の中では最下層クラス

28歳を過ぎた瞬間から市場価値が落ちていく。

東京婚活の暗黙のルールは30代婚活女子に取って非常に厳しい現実だ。

そんな東京の現実に耐えられず、留学(遊学?)という名の海外逃亡を図る東京女子は後を絶たない。旧くはパリやニューヨークが人気であったが、昨今は、年齢関係なしに日本人というだけで市場価値が上がり、世界レベルの金持ちが集まるシンガポールが彼女たちのターゲットのようだ。

バブルのような高揚感と夢を見させてくれる男との出会いが溢れる国・シンガポール。

東京市場での敗戦が濃厚となった30代女性が、一発逆転を目指し、海を渡り必死に出会いを探す実例に迫る。

今までに東京でもシンガポールでも敗北し、最終的に香港に渡った春香や、結局セレブになりきれない彩乃、そして売れない三流モデルから大富豪の妻の座を獲得した美咲、そして日本では売れなくなったCAの里子を追った。今回は...?


<今週のシンガポール大逆転女子>

名前:英恵(読み方:はなえ)
年齢:31歳
渡星前の職業:大手総合商社一般職
現在の職業:専業主婦
年収:0円(旦那の推定年収1千万円弱 )
出身:山口県
住まい:Orchard近郊
家賃:約35万円(旦那の会社持ち)
結婚歴:2年
趣味:パッチワーク

夢にまで見た駐在妻生活


旦那・由伸のシンガポール転勤が決まった瞬間、英恵はガッツポーズを決めたと言う。憧れだった「駐妻」という肩書き。

「ようやく、夢が叶うと信じた瞬間でした。」

特別華やかでもなく目立った美人でもない英恵。


山口県で育った英恵は田舎コンプレックスが強く、ここから抜け出すにはとにかく東京に出て、素敵な男性と結婚するしかない、と頑なに信じてきた。地元にいる時に憧れていた一つ上の先輩が海外に行ったと聞き、いつか自分もと思っていた。

しかし自分一人で海外に住む勇気はない。海外に住める可能性が高い商社に昔から憧れを抱いていた。正確に言うと商社の妻、旦那の仕事ついでに海外に住める「駐在妻」というポジションに強い憧れを抱いていた。

東京の有名女子大学に進学し、商社マンと結婚できると聞いた総合商社の一般職に無事就職。同期は意外にも商社マン以外と結婚する人が多い中、2歳年上の総合職の旦那・由伸と結婚。

英恵は自分の描いた理想像に真っ直ぐ向かっていた。

そして結婚して半年経った時、由伸から告げられたシンガポール転勤の話。

「憧れの海外生活、しかも駐在妻という立場での転居。シンガポールという場所も完璧 。」

全てが順風満帆に見えた。
しかしシンガポールで、英恵は立ち入ってはいけない禁断のエリアへ足を踏み入れてしまったのだ。

【シンガポール大逆転】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ