花の第1営業部 Vol.3

「影が薄いリーダー」になりかけた男を救った、23時の電話の相手とは?

まるで90年代トレンディドラマの、主人公のような男がいる。

彼の名は、一ノ瀬瑛太。ニックネームは“イチエイ”。

華やかなイメージの広告代理店の中でも、「エリート」とされる、大手自動車メーカーの担当営業だ。

慶應義塾大学卒業。港区の大手広告代理店勤務。“花の第1営業部”所属、35歳、独身。

エリート街道をひた走ってきた瑛太は、このまま順調に出世できるのか…?

瑛太は、大型キャンペーンで競合プレゼンのチームリーダーを任され、後輩の航(わたる)がサブリーダーに抜擢された。キックオフミーティングではデジタルが得意な航が存在感を示し、主導権を奪われた瑛太は、密かに焦りを募らせていた。


「もしもし、浩司?」

航がノリに乗っている“会合”のカラオケを抜け出し、瑛太はある男に電話をかけていた。

「久しぶり。忙しいところ悪いんだけど、近々飲みに行ける時間無い?ちょっと相談があって」

電話の相手は、同期であり、最初の配属先も同じテレビ部だった浩司だ。
......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
デジタルコンテンツフンダララってようはあの邪魔くさいバナー広告かな。うっかり踏んで飛ばされるのがウザい。
2018/03/30 06:1358返信4件
No Name
鼓動が不安定に早くなるって不整脈…
2018/03/30 07:5034
No Name
いちえいがんばれ!!
2018/03/30 06:0212
No Name
コメント少ないなぁ。面白くないからか?確かに35でこれはないわな〜。
2018/03/30 17:289返信2件
No Name
同期だからこその厳しい指摘と応援が素敵!あと餃子美味しそう!!
2018/03/30 08:296
もっと見る ( 26 件 )

【花の第1営業部】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo