花の第1営業部 Vol.1

花の第1営業部:40歳までに部長になる!広告代理店の花形部署で働く男(35歳)の野心

まるで90年代トレンディドラマの、主人公のような男がいる。

彼の名は、一ノ瀬瑛太。ニックネームは“イチエイ”。

華やかなイメージの広告代理店の中でも、「エリート」とされる、大手自動車メーカーの担当営業だ。

慶應義塾大学卒業。港区の大手広告代理店勤務。“花の第1営業部”所属、35歳、独身。

エリート街道をひた走ってきた瑛太は、このまま順調に出世できるのか…?

これは、東京でしのぎを削る30代サラリーマンの、リアルな心の叫びである。


「いらっしゃいませー!」

木曜日の夜。

瑛太は、第1営業部・通称「1営(イチエイ)」で1つ下の小田原航(おだわら わたる)と、3つ下の松浦浩輝(まつうら ひろき)と一緒に、西麻布の『CHECK』で、“会合”を開いていた。

広告代理店の社員は、クライアントとの接待や社内の懇親会も、女の子との食事会も、そしてデートまで、全てを“会合”と呼ぶ。

先輩から残業を命じられても「すみません、今日ちょっと会合が入っていまして…」と言って、残業を回避しつつ食事会を楽しんでいるなんてことは、よくある話だ。

「花の第1営業部、通称“イチエイ”所属。一ノ瀬瑛太です。35歳、独身。その名の通りみんなからは『イチエイくん』って呼ばれてます。今日も楽しく飲みましょう!いらっしゃいませー!」

乾杯の時「いらっしゃいませー!」というのが瑛太の口癖だ。

浩輝と航は、そんな瑛太を見てうんざりした表情を見せながらも、淡々と会を進行していく。

「それにしても瑛太さん、今日はいつもよりもテンション高いな」

「たしかに。やっぱり今日は相手がモデルだからかな。瑛太さんモデル好きだからなぁ」

浩輝と航がヒソヒソと話している姿を見て、すでに少し酔っ払った瑛太が絡みにいく。

「いや~実は俺、今日本部長から呼ばれたんだよ」

瑛太は、気を抜くと緩みそうになる頬に、ぐっと力を入れながら、ご機嫌な理由を話し始めた。

【花の第1営業部】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo