シンガポール大逆転 Vol.7

シンガポール大逆転: 嘘で固めた東京生活。逃げた先はシンガポールという名の新開地

28歳を過ぎた瞬間から市場価値が落ちていく。
東京婚活の暗黙のルールは30代婚活女子に取って非常に厳しい現実だ。

そんな東京の現実に耐えられず、留学(遊学?)という名の海外逃亡を図る東京女子は後を絶たない。旧くはパリやニューヨークが人気であったが、昨今は、年齢関係なしに日本人というだけで市場価値が上がり、世界レベルの金持ちが集まるシンガポールが彼女たちのターゲットのようだ。

バブルのような高揚感と夢を見させてくれる男との出会いが溢れる国・シンガポール。

東京市場での敗戦が濃厚となった30代女性が、一発逆転を目指し、海を渡り必死に出会いを探す実例に迫る。

今までに東京でもシンガポールでも敗北し、最終的に香港に渡った春香、結局セレブになりきれない彩乃、売れない三流モデルから大富豪の妻の座を獲得した美咲、日本では売れなくなったCAの里子、そして憧れだった駐妻生活でつまずく英恵や生粋のお嬢様で元からセレブな勝ち組リナを追った。

今回は……?


<今週のシンガポール大逆転女子>

名前:加奈
年齢:37歳
都星前の職業:(自称)IT関連会社経営
現在の職業:シンガポール企業事務員
年収:(自称)4千万円、(実態)550万円
出身:山形県
住まい:Orchard
家賃:150万円
趣味:ハリウッドセレブのゴシップネタを読むこと

嘘で固めることができる東京市場


シンガポール内でも綺麗で有名な女性がいる。
それが加奈だ。

高身長で細くて長い脚、手入れが行き届いているロングの艶髪に南国系の血が少し混じっていそうな、ハッキリとした濃い目鼻立ちは誰でも一度は振り向いて見てしまう。しかし少し話すと分かるが、加奈は少し変わっている。変わっているというより、言っていることの辻褄が合わないことが多い。

偶然東京に、加奈と共通の知り合い・達也がいたので話を聞くと驚くべき答えが返ってきた。

「加奈? あいつ、東京にいられなくなったんだよ。本当は山形の超田舎出身なのに、実家は横浜の大地主とか嘘ついてて、お嬢様キャラで売ってたんだ。そしてよくわかんないお爺さんみたいな人とヒルズに住んでたんだけど、それも自分が会社やってるから住めるとか嘘ついてて。」

東京は地方出身者が多く集まる。誰も過去を知らないし、嘘で固めようと思ったら通じでしまう場所なのだ。

加奈のような美貌を持ち合わせていると、確かに妙な説得力があり皆信じてしまうのかもしれない。しかしそんな加奈の嘘も徐々に露見されることになる。

【シンガポール大逆転】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ