日比谷線の女 Vol.15

いよいよ明日で最終話! 「日比谷線の女」全話総集編

過去に付き合ったり、関係を持った男たちは、なぜか皆、日比谷線沿線に住んでいた。

そんな、日比谷線の男たちと浮世を流してきた、長澤香織(33歳)。通称・“日比谷線の女”が、結婚を前に、日比谷線の男たちとの日々、そしてその街を慈しみを込めて振り返る。

「日比谷線の女」一挙に全話おさらい!

第1話:3ヶ月付き合った、愛宕グリーンヒルズ在住飲食店経営者による洗礼

過去に付き合ったり、関係を持った男たちは、なぜか皆、日比谷線沿線に住んでいた。

そんな、日比谷線の男たちと浮世を流してきた、長澤香織(33歳)。通称“日比谷線の女”が、結婚を前に、日比谷線の男たちとの日々、そしてその街を慈しみを込めて振り返る。

第1話の続きはこちら

第2話:弁護士の彼に「下流」の烙印を押された、広尾ガーデンヒルズの夜

—愛宕グリーンヒルズで、あの恍惚を味わってしまった私は、もうタワマン系以外の男と付き合うなんて考えられなかったのよね……。—

「せっかく東京にいるんだから、東京じゃなきゃできない恋愛と結婚がしたいの!」これが当時の口癖となっていた。 香織は、輝くダイヤの奥に、若さを振りかざしていた自分の姿を映し出す……。

第2話の続きはこちら

第3話:早稲田出身自称やり手営業マンと、八丁堀で迎えた苦い朝

男に求めるレベルが高くなってしまったことは自覚していたから、このオフ会には恋愛に発展するような出会いなんて期待せず、友里子に付き合うつもりで渋谷の九州居酒屋に行った。

飲みなれない焼酎でいつもより酔ってしまった香織は、2次会まで行った後タクシーに乗り陽介の家に行ってしまった。

第3話の続きはこちら

第4話:ディープな街・上野に住む先輩と、禁断の社内恋愛に目覚める

相手は同じ会社の2歳年上で27歳の翔太。旅行コンサルタントとして窓口業務を担当していた香織とは、あまり接点のない海外営業部にいた。

香織も社内で見かける度に素敵だなと思っていたが、接点がない上に社内恋愛はしないと決めていたから、何かを期待することはなかった。 だが、真希が翔太の同期の一人と仲良くなったことで何度か数人で飲む機会があり、香織は彼にときめき、一気に距離を縮めた。

第4話の続きはこちら

第5話:愛とも恋とも違う、築地に住む15歳年上バツイチ男との10年

初めて会った時から、健一郎が醸し出す上品で洗練された雰囲気と、自分のような若い女にがっついてこない落ち着いた態度に好感を持っていた。「草食男子のハシリだね」と茶化したこともある。

年の差は気にしない香織が、健一郎に興味を持ちながらも恋愛に発展しなかったのは、彼が結婚していたからだろう。結婚していると言っても、子供はおらずほとんど別居状態だったらしいのだが。

第5話の続きはこちら

第6話:夢と野望に溢れた彼との、恵比寿での濃密な半同棲生活

結婚を控えた女は忙しい。香織は晴れの日へ向けて、毎週の休日をほぼ、美容関連のために使っていた。今日は美肌と小顔に効果があるという美容鍼を受けに恵比寿へ来たのだ。

香織は、恵比寿に来る度にある男のことを思い出す。今でもはっきりと顔を思い出せる彼との、濃密だった時間。それは、香織が一番幸せであり、一番絶望を感じた恋愛だった。

第6話の続きはこちら

第7話:中目黒アトラスタワーでの同棲。火遊びでは済まない、彼の過ち

同棲生活に少しの我慢が必要なことは承知の上だ。涼だって、香織に対して思うところはあるはずだから。それでもすでに半年近く円満な同棲生活を送っているのだから、自分たちは協力し合いうまくやっていけるのだと信じていた。

ところが、香織の思いをナイフで引き裂くような出来事が起きたのは、そんな矢先の穏やかな土曜日の昼間だった。

第7話の続きはこちら

【日比谷線の女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ