バッド・ダディ Vol.2

「なぜ妻以外の女性を、好きになったの?」25歳の若い恋人がいる男は、その質問に…

離婚歴がある男性は、モテる。

女性の扱いを熟知していて余裕があり、また結婚に対しての幻想もない。

それゆえ人生で二度の“独身貴族”を楽しんでいる男性が、東京には少なくないのだ。

渋谷区に住む滝口(38)も、そのうちの1人。

しかし自由気ままなバツイチ独身男性生活から、“ある女性”の登場で生活が一変……。

これは東京に住む男が、男としての「第二の人生」を見つめ直す奮闘記である―。

▶前回:浮気がバレて離婚した男。元妻から連絡があり、「養育費アップ」の話かと思ったら…


Vol.2 「週末に会えなくなった」なんて、13歳下の恋人に通じるのか?


― さすがにもう週末は会えない、なんて酷だが…言わないとな。

今日は土曜日。午後から恋人・雛子との約束があるが、いまひとつ気分が乗らなかった。

ここ1週間、滝口の頭の中は、雛子と今後どうやって関係を続けていくべきかということに終始している。

― 雛子には正直に、娘を引き取ることになったと話すしかないよなぁ。

雛子とは友人宅でのホームパーティーで知り合い、彼女からのプッシュで付き合い始めてもうすぐ1年。

13歳年下という年齢差に戸惑うことはあったが、今では週末を一緒に過ごすのが当たり前のようになっている。

だが、娘のエレンを引き取れば、今までのような付き合い方はできない。滝口のお気に入りの週末の過ごし方が、一変することになると憂鬱だった。

とりあえず、前々から彼女にリクエストされていた春服のお買い物に付き合うため、タクシーで表参道に向かう。



待ち合わせの『ゼルコヴァ』に着くと、雛子は入り口付近のテラスでスパークリングを飲んでいた。

「先に飲んじゃってます」

雛子は、グラスを持ち上げ、茶目っ気たっぷりに笑った。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
アメリカに男がいるか、又は難病の手術を受けに行くのか…
2022/05/14 05:4092返信4件
No Name
雛子にプレゼントを与えておけばいいって考えがなんだかもう。エレンに金掛かると雛子へのプレゼントどころじゃなくなるけど、どうなる事やら。
2022/05/14 05:3963返信4件
No Name
雛子とは純粋な恋人関係という訳ではなさそう。
好意もあるのかもしれないけれど、贅沢させてくれるいい相手なんだろうな。

ありがちだけど、エリは、病気の治療でアメリカに行くのかな。だから1年…
2022/05/14 06:0936
No Name
ロエベで雛子が欲しいバッグを買い、その後セリーヌでは色違いのスウェット、おまけに靴も買った。

これアッパー層意識? 雛子やたらに理解あったし、むしろパパ活感覚で付き合ってたのかと思えてしまう。
2022/05/14 08:4129返信1件
No Name
週末の昼から飲むお酒ってうまい。うん、わかる!
2022/05/14 06:0822返信2件
もっと見る ( 45 件 )

【バッド・ダディ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo