Miss 東大生ハンター Vol.1

Miss 東大生ハンター:「優秀な遺伝子が欲しい!」エリート男を狙う、インカレ女の黒歴史

東大卒男子を求めて


翌週の金曜日。

桜子は勤め先であるメガバンクの品川支店を定時退社し、そそくさと身なりを整えて電車に駆け込んだ。

虎ノ門横丁の一角『Ata』に到着すると、カウンター席にいたサークル時代の同期・慶一郎が振り向いて片手を上げる。

「よ、桜子。久しぶり」

「慶一郎、久しぶり!仕事、抜けてきた感じ?忙しいのにありがとう」

「全然。晩メシのついでだし、大丈夫」

虎ノ門の外資系金融機関で働く慶一郎は、海城高校出身・東大経済学部を出たエリートだ。

身長は170cmもなく小柄だが、がっしりとした体躯と穏和な物腰は、おおらかな印象を与える。サークル内でも一定の人気があった。

― 実際は見た目よりもズバズバ物を言うし…、結構、女好きなんだけど。

桜子は心の中で毒づきつつ、慶一郎の隣に座った。2人でサクッと乾杯し、虎ノ門店限定メニューである魚介のアフタヌーンティーを頼む。


「にしても、今日は美由紀ちゃんが来られなくて残念だよ。桜子がセッティングしてくれなきゃ、あの子には会えないからさぁ」

「ごめんね。ついさっき『仕事が終わらない』って連絡来たのよ」

がっくりと肩を落とす慶一郎を、桜子は「また調整するから」となだめる。

今日は桜子と慶一郎、それにサークルのマドンナ・美由紀を加えた3人で会う約束をしていた。慶一郎は「美由紀を呼ぶ」と言えば、いつも二つ返事で飛んでくる。

しかし大手海運会社のエリア総合職として働く美由紀は、輸送トラブルが起きて対応に追われているらしい。急遽来られなくなってしまった。

「んで桜子、なんか話したいことがあったんじゃないの?『男を紹介して』とか?」

「うわ、びっくり。その通りよ」

急に図星を突かれ、桜子はギクリとする。

慶一郎はもちろん、美由紀にも、職場に有力な人がいたら紹介をお願いしようと思っていたのだ。

「まあ、協力してやるよ。桜子は美由紀ちゃん連れてきてくれたり、コロナ前は銀行の女の子集めてお食事会もよくやってくれたしさ」

「ありがとう!最近また東大卒の人と別れちゃって、次を探さないといけないの」

「相変わらずの『ミス・東大生ハンター』っぷりだな、桜子先生は」

あきれたように慶一郎がつぶやく。

サークル内の一部の男たちは、桜子のことを“ミス・東大生ハンター”などと呼んで揶揄する節があった。しかし桜子も慣れたもので、「そうなのよ、相変わらず私は“赤門会”専門の狩人よ」などと受け流す。

「桜子先生のために善処いたしますが…、周りの奴ら、最近急に婚約だの結婚だの言い始めたんだよなぁ。………あっ!!」

慶一郎は急に声を上げて、わざとらしくパチンと指を鳴らした。

「1人いた、彼女募集中の、東大出身男が」

「え、いいじゃない。ぜひぜひ!!」

興奮する桜子に、慶一郎は薄い唇の端を持ち上げて不敵に微笑む。

「桜子とアイツで、どんな化学反応が起きるかわからないけど…面白そうだし、試しに会ってみてくれないかな」

「か、化学反応…?」

意味ありげな笑みに、桜子はうっすらと不安を覚えたのだった。


▶他にも:元恋人のツイートが気になる!?別れて半年後、メッセージを送ってみたら意外な返事が

▶Next:10月23日 土曜更新予定
慶一郎に紹介された男とデートする桜子。男は意外にも…

東レデート詳細はこちら >



【東カレ男子に質問!エリア別出会いの場アンケート】

丸の内、銀座、六本木、渋谷、恵比寿、中目黒、代官山、表参道、世田谷近辺で
働いている、または住んでいる東カレ男子の皆様!

『異性と出会える店』『仲良くなれる場所』『よく行く店』をぜひお聞かせください。

ご回答いただいた中から抽選で10名様を『オンライン東カレNIGHT』へご招待させていただきます!

※回答所要時間:約2分

以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/VTFWNML1

【Miss 東大生ハンター】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo