Miss 東大生ハンター Vol.8

豊島岡から東大に合格したものの…。入学後、“東大女”というレッテルに悩まされる現実

エリートと結婚して優秀な遺伝子を残したい。

そう願う婚活女子は多い。そのなかでも、日本が誇る最高学府にこだわる女がいた。

― 結婚相手は、最高でも東大。最低でも東大。

彼女の名は、竜崎桜子(26)。これは『ミス・東大生ハンター』と呼ばれる女の物語である。

◆これまでのあらすじ

東大男と結婚することを夢見る桜子。そんななか、東大卒との出会いも淡く期待しつつ、あるセミナーに参加する。そこで登壇していた女性に、見覚えがあって…。

▶前回:アプリで東大卒外銀イケメンと出会ったものの…。初対面で女が一気に幻滅したワケ


セミナーに登壇していた女性は、実は…


― 今私の目の前にいる女性って、宏太が…私の後に付き合った彼女、だよね?

艶やかなロングヘアの女性から、桜子は目が離せないでいた。

“澤田アキナ・27歳。東大法学部卒業後、教育系アプリ開発の株式会社Konjac入社。2020年4月、Konjacより出資を受けて人材系企業の......


【Miss 東大生ハンター】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo