逆玉男子 Vol.1

逆玉男子:“金目当て”で開業医の一人娘を射止めたけど…。結婚後に発覚した、まさかの誤算

西麻布で行われたある飲み会で、私は拓と出会った。

最初はただただ顔がタイプで、なおかつ“実家を継いでくれそうな医者の卵”だったから、付き合うにはちょうどいいなと思っていたのだ。

両親を見ていて、愛情というものに希望を持てなくなっていた私は、無意識に「自分にとって都合のいい男性」を求めていたのだ。

しかし拓は、ちゃんと私に愛を伝えてくれる。いつしか本気で彼のことを好きになってしまった。

そして幸せの絶頂のうちに、授かり婚。両親とは違う、幸福なゴールを決められたと思っていた。

でも優しい彼は、結婚と同時に消えてしまったのだ。

帰宅時間はいつも深夜。2人で過ごす時間もほとんどなく、こちらが話しかけても上の空でいることが多い。

そしてついに昨日、拓と口論になった。

「拓ってさ、結婚した途端に冷たくなったよね。…もし私の家がクリニックじゃなかったら、結婚してた?」


「どうして、そんなこと言うの?」

拓は穏やかな口調でそう言うけれど、私は気づいてしまったのだ。彼がこっそり、医大生の女と付き合っていることを。

昨夜、拓が寝ている隙にLINEをチェックした。すると完全にクロと思われるメッセージを見つけたのだ。

なんで“拓の悪事”を知......


【逆玉男子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo