逆玉男子 Vol.1

逆玉男子:“金目当て”で開業医の一人娘を射止めたけど…。結婚後に発覚した、まさかの誤算

「顔、すっごくかっこいいね♡」

その女は百合子といい、歳は7つ上。

「実家は横浜で有名なクリニックを経営している」ということを知ったのはこの少しあとだったが、一目見たときから、お嬢様特有の華やかで余裕のある雰囲気があった。

「ねえ、今度デートしよう。本当に顔がタイプなの!」

百合子にストレートに誘われて、悪い気はしなかった。女には困っていなかったが、お嬢様とだったらデートしてもいい。

そのとき、セレブの友人がこっそり教えてくれた。

「おい、拓。百合子さんはワガママだけど今フリーらしいし、一人娘だぜ?」

― ヒトリムスメ、か。

裕福でない自分にとって『ヒトリムスメ』はつまり『チャンス』なのだ。



そして迎えた、デート当日。百合子はベンツSLのオープンカーで、アパートまで迎えに来てくれた。

身に着けていた真っ赤なワンピースはよく似合っていたが、その装いから確かにワガママそうだと感じた。

…ところが、案外思いやりのある女だったのだ。

「那須でランチ予約してあるから!あ、どっちがいい?」

そう言って百合子は、500mlペットボトルのお茶を2種類、差し出してきたのである。

ワガママで派手だけど、配慮もできる。そんな百合子を「手に入れたい」と思うようになるまで、時間はかからなかった。


「部屋に行ってもいい?」

その日のデート終わりに、ストレートに誘った。そして当時百合子が借りていた広尾のマンションで、関係が始まったのだ。

「好きだよ、百合子」

翌朝から、朝のコーヒーを欠かさず入れるようにした。どんなに忙しくてイライラしていようが 「君は大切な人だ......


【逆玉男子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo