エビダン! Vol.2

エビダン!:年収700万の優しい男vs年収2,000万の冷たい男。女はどちらを選ぶ?

都内でも住みたい街の上位に、常にランクインする恵比寿。

仲間と肩肘張らず楽しめるお店がたくさんあり、便利で、何より賑やかな街である。

ベンチャー系IT企業に勤めるサトシ(28)も、恵比寿に魅了された男の一人。

顔ヨシ・運動神経ヨシ・性格ヨシで、学生時代から人気者だったサトシは、その社交性から遊ぶ仲間には事欠かない。何かと便の良い恵比寿は、フットワーク軽いサトシにぴったりの場所である。

まさに典型的な恵比寿に生息する男・通称“エビダン”である、彼の生態を探っていこう。

ある日参加した食事会で元グラドルの杏奈と出会い、心揺さぶれるサトシ。しかし杏奈は、学生時代に全く冴えなかった同級生で、現在外銀勤めの龍太に心奪われていた・・・


龍太と再会してから、何とも言えない焦燥感に駆られていた。

学生時代にモテていた記憶もないし、どちらかと言うと冴えない印象しかなかった龍太。彼から告げられた外資系投資銀行の年収を、思わずGoogleで検索する。

—最低年収1,500万〜4,000万

「マジかよ……。」

PCから目を離し、再開発で工事が続いている渋谷の街並みを見つめた。

そこそこモテて、遊ぶ友達も多く、毎日それなりに楽しい。年収は、700万弱。同世代の年収と比較すると、低くはない方である。

それなりに自分の人生に満足していたはずなのに、龍太と再会してから何だか心がヒリついている。

天使のように可愛らしい杏奈の視線を捉えていたのは、僕ではなく龍太だったのだ。こんなこと、昔なら絶対に考えられなかったのに。

そんなことを考えていると、先輩から社内メッセージが届いた。

—サトシ、今夜の飲み会頼んだよ

—今日は恵比寿の『イワカムツカリ』を予約しています。女の子たちも、可愛いメンツ集めました!

こういう時は、飲むに限る。僕は夜の恵比寿へ向かった。

【エビダン!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo