エビダン! Vol.1

エビダン!:港区に集まる男は“社会人デビュー組”だけ。生粋のモテ男は恵比寿に集う?

都内でも住みたい街の上位に、常にランクインする恵比寿。

仲間と肩肘張らず楽しめるお店がたくさんあり、便利で、何より賑やかな街である。

ITベンチャー企業に勤めるサトシ(28)も、恵比寿に魅了された男の一人。

顔ヨシ・運動神経ヨシ・性格ヨシで、学生時代から人気者だったサトシは、その社交性から遊ぶ仲間には事欠かない。何かと便の良い恵比寿は、フットワーク軽いサトシにぴったりの場所である。

まさに典型的な恵比寿に生息する男・通称“エビダン”である、彼の生態を探っていこう。


―サトシ、今夜のお店ここだからヨロシク!

昼下がり、裕太からのLINEに、キーボードを叩く手を止める。裕太は毎週末のように恵比寿界隈で飲んでいる、学生時代からの悪友だ。

趣味でやっているフットサルも一緒のチームに所属していて、会社は違うが毎週顔を合わせている。今でも学生時代と変わらず遊べる友人の存在は、何にも代えがたいものだ。

昔から僕は顔が広くて友達も多いタイプで、学生時代も常に一番目立つグループにいた。それは、社会人になっても変わらない。

裕太がセッティングしてくれた食事会に顔を出すため、その夜は仕事を早めに切り上げ、恵比寿駅の西口に向かった。

金曜の恵比寿西口は、食事会前の集団やデートの待ち合わせ、そして女子会に向かっている感じの女性達で、普段より華やかな雰囲気だ。

相変わらず賑やかなこの街の、金曜日にしか味わえない独特の空気感に酔いしれながら、アトレ方面へと歩き始めた。

僕は渋谷にあるIT企業で広告営業をしており、普段からフットワークが軽い。人と会うことが大好きだし、こうした人脈作りが、仕事に活かされることもたびたびあるのだ。

「よーーし、今日も飲むぞ!」

独り言のように呟きながら気合いを入れ直し、僕は本日の食事会の舞台である『くおん』へと向かった。

しかし、僕は全く想像していなかった。この晩がキッカケでとある人物と再会し、これまでの人生に疑問を持つようになるとは。

そしてそれは、30代が迫った僕の人生の、波乱の幕開けでもあったのだ。

【エビダン!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo