エビージョ! Vol.1

エビージョ!:金曜20時、恵比寿西口集合。3,000円の赤いソールを貼り、ルブタンもどきな靴に仕上げる恵比寿女子

住みたい街ランキングでは常に上位にランクインする、恵比寿。エリア特化型・東カレNIGHT初開催も、恵比寿にて10.26(水)に予定されている。

そのブランド力に惹かれ、多少背伸びをしてでもセルフ・ブランディングのために恵比寿に住む女性がいる。

恵比寿に生息する恵比寿女子、通称、“エビージョ”。

一見華やかに見える彼女たちには、窺い知れない裏の顔がある。

そんな典型的なエビージョである、マナミの恵比寿での日々を覗いてみよう。


エビージョ・マナミ、参上!


今から何か楽しいことが起こりそうな、大人の熱気に包まれた金曜夜20時の恵比寿が好きだ。

「あの子、声掛ける?」

西口のえびす像前は、金・土曜日は特に混み合っている。そんな人混みの中、スーツ姿の男性二人組の視線を感じる。多分、年齢は25,6歳。職業を聞いてから、番号を教えてあげるかどうか決めよう。

男性の視線を意識し、髪をかきあげると同時に佳奈恵がやって来た。

「あれ、今日のマナミの靴ルブタンの新作!?すっごい可愛い」

「ふふ、先週ヒルズのエストネーションで見つけて思わず買っちゃった」

佳奈恵が、足元の赤いラバーを見て羨ましそうな顔をしている。佳奈恵にはバレていないみたいだ。

その辺で売っている普通のヌーディーなベージュパンプス。それを都内某所のお直し屋さんに持っていくと、ルブタン“風”に加工してくれるお気に入りのお店がある。ソールだけでなく、ヒールの裏部分までルブタン・レッドにしてくれるので、一見、ルブタンに見える。

「マナミって、本当オシャレだよね〜」

「そんなことないよ〜ありがとう。」

お気に入りのミラオーウェンの白のセットアップ。褒められるのは嫌いじゃない。


—でも、誰も知らない—


毎回せっせとツテを作って展示会に忍び込み、破格の値段で洋服を買っていることも、いらない洋服はせっせとメルカリで売っていることも。

25歳で恵比寿に引っ越してきて、丸1年になる。美容系の輸入会社の給料は手取りで30万円。その内、家賃は12.8万円。

生活は、意外にキツイ。

【エビージョ!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ