逆玉男子 Vol.2

元カレのことをずっと引きずる社長令嬢。家柄も良くない別の男と、妥協して結婚したら…

「愛ではなく、金目当てで結婚するのは女性だけだ」という考えは、もうひと昔前のものなのかもしれない。

男にだって“玉の輿願望”があると、私たちはなぜ気づかなかったのだろう。

これは逆・玉の輿で成り上がりたいと願い、夫婦になった男と女の物語。

あなたの周りにも、逆玉狙いの男がいるのかも…?そこのお嬢さんも、どうぞお気をつけて。

▶前回:“金目当て”で開業医の一人娘を射止めたけど…。結婚後に発覚した、まさかの誤算


片親育ちのワイルド系男子・雄也(32)


『オーガニックの玉ねぎ買ってきて~』

妻の綾から、いつものようにLINEが届く。絵文字やスタンプがない素っ気ないメッセージにも、もうすっかり慣れた。

『は~い、わかった!もうすぐ帰るね』

物わかりのいい夫を演じるように、明るく返信する。…我ながらなかなかいい夫だと思うし、そんな俺はもうすぐ父にもなる。

綾と結婚したのは、3年前。お互い29歳のときだった。

「あ、お弁当作ってきたからごめん~」

同期からのランチの誘いに決まってそう返し、弁当を広げていた綾のことを、密かに「いいな」と思っていた。

父子家庭で育ったため、家庭的な一面のある女に憧れがあった。しかし綾が弁当を作ってくるのには、ある戦略もあったようだ。

「みんなとランチに行くのは、1週間に1回とかかな?たいして仲良くない同期と食べに行くの、面倒だから。毎日お弁当だと思われた方がいいの」

仕事終わり、帰りのエレベーター内ですれ違った綾に尋ねると、そんな答えが返ってきたのだ。以来、小悪魔的な彼女を意識するようになってしまった。

だから“会社では見せないプライベートな彼女”を偶然見てしまったときは、結構ショックを受けたのだ。

【逆玉男子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo