vs.美女 ~広告代理店OLの挑戦~ Vol.2

「私、何やってるんだろう」可愛くなりたくて自分に“投資”した女が、職場で聞いてしまった衝撃の事実

美人か、そうでないか。

女の人生は“顔面偏差値”に大きく左右される。

…それなら、美しく生まれなかった場合は、一体どうすればよいのだろう。

来世に期待して、美人と比べられながら損する人生を送るしかないのか。

そこに、理不尽だらけの境遇に首をかしげる、ひとりの平凡な容姿の女がいた。

女は次第に「美人より、絶対に幸せになってやる!」と闘志を燃やしていく。

◆これまでのあらすじ

念願叶って大手広告代理店の経理部から、華の営業部に異動した園子。しかし異動先は、社内随一の“美人ぞろいの部署”だった。

異動初日から、園子のパッとしない容姿について陰口を言われてしまい…?

▶前回:「自分が可愛くないって知ってる」そんな女が屈辱を受けた、史上最低の出来事


「場違いな見た目のせいで、悪目立ちしちゃって可哀想」

そんな悪口を会社のトイレで耳にしてしまった園子。しかし思い切って個室のドアを開けると、美女ふたりに歩み寄った。

「お疲れさまです!」

「ああ…お疲れさまです」

すると洗面台の前でヒソヒソと楽しそうに盛り上がっていた彼女たちは、話を止めたのだ。

「本当におっしゃる通りですわ。この部署って美人ばっかりだから、私、浮いちゃって」

そう言うと、曖昧な笑顔を浮かべたままのふたりは、園子の自虐をスルーしてそそくさとトイレから出て行ってしまった。

― 気まずそうにされるより、いっそ笑い飛ばしてくれた方が楽だわ!

香水の香りをほのかに残して逃げていった美女たちに、心の中で突っ込んだ。…しかしまあ、鏡の中に映る女は、確かにさえない。

― でも“笑ってくれた方が楽”だなんて、本当に思ってるっけ?

園子はふと、自分に問いかけてしまった。そしてある遠い日の記憶が、リアルに脳内で再生され始める――。



「おかっぱちゃん」

あれは、小学校3年生の時だ。気づいたら園子は、クラスメイトから「おかっぱちゃん」と呼ばれるようになっていた。

― 髪型をいじられているのねえ。

最初は、あだ名をもらったことが少し嬉しかった。みんなから愛されている気がしたからだ。

けれども、その由来を知って園子は血の気が引いた。

【vs.美女 ~広告代理店OLの挑戦~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo